• 会員限定
  • 2010/03/19 掲載

政府が進めるIT戦略の重点戦略は3つ、電子行政、医療、クラウド--政府CIOの設置も

スマートグリッドをオールジャパンで輸出する計画も

記事をお気に入りリストに登録することができます。
鳩山由紀夫首相が本部長をつとめる政府の高度情報通信ネットワーク社会推進戦略本部(IT戦略本部)は、高度情報通信ネットワーク社会推進戦略本部で、新たな情報通信技術(ICT)戦略の骨子(案)を明らかにした。
 同骨子案では、(1)国民本位の電子行政の実現、(2)地域の絆の再生、(3)新市場の創出と国際展開、の3本柱を掲げた。

(1)国民本位の電子行政の実現
 利用頻度の高い行政サービスについて、目標年限を設定したうえで、週7日24時間オンラインまたはオフラインサービスが利用できる体制を目指す。また行政が保有する情報をインターネット上での公開を進め、民間部門の新事業創出を狙う。国民が行政を監視、コントロールできる電子行政を実現する目標年限を設定するという。さらに、政府CIOを設置し、行政の効率化を推進するとともに業務を見直し、共通基盤を整備する。

画像
国民本位の電子行政の実現(出典:IT戦略本部)

(2)地域の絆の再生
 ICTを利用することで、地域を問わずに質の高い医療サービスを受けられる在宅医療体制や、カルテやCT画像が各医療機関で適切な方法で共有できる体制を目指す。高齢者を含めて、全国民にICTを普及させ、さらにICTの教育環境を実現するという。

画像
地域の絆の再生(出典:IT戦略本部)

(3)新市場の創出と国際展開
 クラウドコンピューティングなどの新技術の導入や規制の撤廃により、ICT関連の新市場を創出するという。また、ICTの整備が喫緊の経済、産業分野ではICTの利活用目標を設定、国際競争力の向上に寄与するITを目指す。そのほか、スマートグリッドや住宅などの省エネ化、グリーン化を進めていくとしているほか、戦略分野ではオールジャパン体制を整備し、国際標準の獲得、輸出・投資を促進するという。

画像
新市場の創出と国際展開(出典:IT戦略本部)

>>次ページ 野村総合研究所 村上輝康氏、東京大学名誉教授 安田浩教授、慶應義塾大学 國領二郎教授ら有識者の反応は?

関連タグ

あなたの投稿

関連コンテンツ

PR

処理に失敗しました

トレンドタグ

おすすめユーザー

会員登録で動画、資料に使えるホワイトペーパー、オンラインセミナー年間500本など、会員限定記事が​閲覧できる!​

投稿したコメントを
削除しますか?

あなたの投稿コメント編集

機能制限のお知らせ

現在、コメントの違反報告があったため一部機能が利用できなくなっています。

そのため、この機能はご利用いただけません。
詳しくはこちらにお問い合わせください。

通報

このコメントについて、
問題の詳細をお知らせください。

ビジネス+ITルール違反についてはこちらをご覧ください。

通報

報告が完了しました

コメントを投稿することにより自身の基本情報
本メディアサイトに公開されます

必要な会員情報が不足しています。

必要な会員情報をすべてご登録いただくまでは、以下のサービスがご利用いただけません。

  • 記事閲覧数の制限なし

  • [お気に入り]ボタンでの記事取り置き

  • タグフォロー

  • おすすめコンテンツの表示

詳細情報を入力して
会員限定機能を使いこなしましょう!

詳細はこちら 詳細情報の入力へ進む
報告が完了しました

」さんのブロックを解除しますか?

ブロックを解除するとお互いにフォローすることができるようになります。

ブロック

さんはあなたをフォローしたりあなたのコメントにいいねできなくなります。また、さんからの通知は表示されなくなります。

さんをブロックしますか?

ブロック

ブロックが完了しました

ブロック解除

ブロック解除が完了しました

機能制限のお知らせ

現在、コメントの違反報告があったため一部機能が利用できなくなっています。

そのため、この機能はご利用いただけません。
詳しくはこちらにお問い合わせください。

ユーザーをフォローすることにより自身の基本情報
お相手に公開されます