開閉ボタン
ユーザーメニュー
ユーザーメニューコンテンツ
ログイン

  • 2010/09/10

AndroidとSymbianの2強時代が到来する、米ガートナーが携帯電話向けOS市場予測を発表

米ガートナーは10日、2010年から2014年の世界の携帯向けOS市場の予測を発表した。

 米ガートナーは10日、2014年の世界の携帯向けOS市場において、フィンランドのノキアが提供するSymbianと、米グーグルが手がけるAndroidの2つのOSを合わせて、出荷台数ベースで59.8%のシェアを占める2強時代が到来するとの予測を発表した。

 2009年時点は、Symbianが46.9%のシェアで1位、Blackberryに搭載されるResearch In Motionが19.9%でこれに続いて2位、iPhoneに搭載されるアップルのiOSが14.4%で3位だった。

 グーグルのAndroidの出荷台数ベースのシェアは、2009年時点ではわずか3.9%だが、これが2010年には17.7%と2位に躍進し、2014年時点には29.6%まで増加するという。これは、1年前に予測したガートナーの予測を2年上回るペースだという。

photo
図 エンドユーザー向け携帯電話OSの出荷台数(台数の単位は1000台)
(出典:米ガートナー,2010)

 こうした予測を裏付けているのが、携帯端末メーカーの動向。韓国のサムスン、ソニーエリクソン、モトローラ、LG電子などがAndroid向けの投資予算を拡大しており、結果的にAndroidは2010年末までには北米でトップOSになるという。

 ガートナーの主席アナリストであるRoberta Cozza氏は「オープンソースプラットフォームがスマートフォン市場を6割以上支配するだろう。アップルのiOSなど、シングルプラットフォーム製品は出荷台数ベースでは市場成長ベースでの増加は難しいとみている」と指摘する。こうした中、「(マイクロソフトの)Windows Phoneは2014年までには6位に降格するだろう」と厳しい見通しを示している。

お勧め記事

LTE・WiMAX・Wi-Fi・モバイル通信網 ジャンルのトピックス

LTE・WiMAX・Wi-Fi・モバイル通信網 ジャンルのIT導入支援情報

関連リンク

PR

ビジネス+IT 会員登録で、会員限定コンテンツやメルマガを購読可能、スペシャルセミナーにもご招待!