開閉ボタン
ユーザーメニュー
ユーザーメニューコンテンツ
ログイン

  • 2011/01/25

富士通マーケティングとシマンテック、中堅企業向けクラウド型ウイルス対策サービス「Business Security Technical Service」提供へ

富士通マーケティングとシマンテックは、中堅企業向けに「Business Security Technical Service」を1月末から提供開始すると発表した。

 富士通マーケティングとシマンテックは、中堅市場向けの戦略的パートナーシップを構築し、中堅企業向けクラウド型ウイルス対策サービス「Business Security Technical Service」を1月末から提供開始することを発表した。

 今回提供されるサービスは、富士通が提供するオンデマンド仮想システムサービスと、シマンテックのウイルス対策製品「Symantec Endpoint Protection」を組み合わせたクラウド型サービス。

 「Business Security Technical Service」ではPC台数の増減に合わせたサービス利用が可能で、利用料金は1ユーザーIDにつき月額500円(税抜)。顧客企業のサーバ・PC環境へのウイルス定義ファイルの自動配信やウイルス感染の有無などを富士通マーケティングが監視し、顧客企業PCからのウイルスに関する問い合わせには富士通マーケティングのオペレータが回答する。また、感染状況や自動駆除による復旧状況などを月次で報告する。万一大規模なウイルス感染が発生した場合には、富士通マーケティングの専任技術者が顧客企業を訪問しウイルス駆除作業を支援する「オンサイトウイルス駆除サービス」(追加料金有り)が用意されている。

photo
「Business Security Technical Service」イメージ図

お勧め記事

アンチウイルス ジャンルのトピックス

アンチウイルス ジャンルのIT導入支援情報

関連リンク

PR

ビジネス+IT 会員登録で、会員限定コンテンツやメルマガを購読可能、スペシャルセミナーにもご招待!