• 会員限定
  • 2011/01/31 掲載

【未来を創るリーダー:イメルト氏に見るこれからのリーダーの条件】第3回:未来を創るリーダーの要件とその行動(3)

米GE 会長兼CEO ジェフリー・R・イメルト氏に学ぶ

記事をお気に入りリストに登録することができます。
経済回復諮問会議に代わり、オバマ米大統領が1月21日に新設した諮問機関「雇用競争力会議」。この諮問機関のトップ、議長に任命された人物──米GEの会長兼CEO、イメルト氏だ。彼は「未来を創るリーダー」に求められる「Sustainability & Ethics」の視点を持ち、これを現在最も体現していると言われる人物でもある。本連載では、イメルト氏のこれまでの取り組みについて12の視点で分析しながら「未来を創るリーダー」に求められるものを明らかにしていく。第3回目は「多様性を活用する(否定しない)」と「多様な倫理を理解し否定しない」を取り上げる。

伊藤武彦

伊藤武彦

名古屋商科大学大学院教授、アソシエイトディーン
ネットベンチャーの取締役ヴァイスプレジデント、マーサージャパン名古屋オフィス所長、プリンシパル、コミュニケーション・プラクティスリーダー、ライトマネジメント・タレントマネジメント・プラクティスリーダー等を経て2010年春より現職。
これまで国内外の各業界トップ企業に対して、グローバル化、ビジョン/風土浸透・改革、取締役会の改革、次世代リーダーの育成、タレント戦略の構築、チェンジマネジメント、人事制度の構築、M&Aなどのテーマでコンサルティング活動を行ってきた。

現在名古屋商科大学大学院ビジネススクールにて「リーダーシップ」「ビジネスプレゼンテーション」などの授業や海外ビジネススクールへの講演を担当し、次世代リーダーの育成を行う。
著書として『4つのカラーで見直そうこれからの働き方』(ファーストプレス)
共著として『取締役イノベーション』(東洋経済新報社)、『転職しかできない人、展職までできる人』(日経人材情報)。

英国ダラム大学ビジネススクールMBA修了。英国クランフィールドビジネススクールエグゼクティブプログラム修了。早稲田大学商学部卒。

レベルの高いグローバル化でより重要となる多様性の尊重

 これからのリーダーがいかに日本と世界の未来を創るか? この問いに対して「Sustainability & Ethics」というキーワードを軸に見ていく本連載。前回は「周囲の理解を得るために徹底的に語る・情報開示をする」で多様性の裏にある共通な部分について触れたが、今回は多様性に焦点を当てて見ていきたい。

photo
米GE 会長兼CEO
ジェフリー・R・イメルト氏
※写真:「GEヘルシーマジネーションデイ2010」より
 多様性(ダイバーシティ:Diversity)を見ていくことは同時に共通性(コモナリティ:Commonality)を確認することでもある。何が共通に持つことができて、どこが違うのか? それをお互いがどのように認識し、活用や補完をし合えるかが、これからさらにステージの上がるグローバル化ではより重要になってくる。このような認識は日本においても2000年代から多くが語られ、取り組みがなされてきた。しかし、我が国においては真のグローバル企業の一部を除き、多様性といえば女性の活用を中心に語られがちであり、グローバル企業との取り組みの差だけでなく、社員自身の意識の差は大きい。

 考え方を示し、語り、実際に取り組むことで人は身に付けていく。しかし激変するビジネス環境の中で、勇気を持ってこのダイバーシティについての受容定着活動を変わらず推進していくことは、経営者にとってなかなか難しい。ところがGEのイメルト氏の場合、成長のドライバーとしてこの多様性をしっかりと認識して、手を緩めるよりも強化している。多様性を活用することで社内に成長(Organic Growth)の力を造り出し、実際のビジネスの成長の核としているのだ。

 実はこれらは必ずしもイメルト氏が最初に始めたことではない。過去のモノでも必要なものには投資し、強化することでイノベーションの源泉にしている。どのような逆風があっても核となる部分に対して投資をし、深化させている点は、このような時代であるからこそ改めて注目したい。

未来を創るリーダーが具有すべき12の視点と行動力
1. ビジネスをこれから必要なことに集中させる
2. 柔軟かつオープンにアイデア、活動を募る
3. 変化を恐れず、ドライブする
4. 周囲の理解を得るために徹底的に語る・情報開示をする
5. 多様性を活用する(否定しない)
6. 多様な倫理を理解し、否定しない
7. 善いものは良いと見定められる
8. 社会という視点を持ち判断をする
9. 変化する社会・経済環境に対してコンプライドの姿勢をとる
10. 強い信念を持つ
11. 曖昧さを許容する
12. ピンチをチャンスに切り替える

このページのTOPへ

関連タグ

あなたの投稿

関連コンテンツ

    PR

    PR

    PR

処理に失敗しました

人気のタグ

投稿したコメントを
削除しますか?

あなたの投稿コメント編集

機能制限のお知らせ

現在、コメントの違反報告があったため一部機能が利用できなくなっています。

そのため、この機能はご利用いただけません。
詳しくはこちらにお問い合わせください。

通報

このコメントについて、
問題の詳細をお知らせください。

ビジネス+ITルール違反についてはこちらをご覧ください。

通報

報告が完了しました

コメントを投稿することにより自身の基本情報
本メディアサイトに公開されます

必要な会員情報が不足しています。

必要な会員情報をすべてご登録いただくまでは、以下のサービスがご利用いただけません。

  • 記事閲覧数の制限なし

  • [お気に入り]ボタンでの記事取り置き

  • タグフォロー

  • おすすめコンテンツの表示

詳細情報を入力して
会員限定機能を使いこなしましょう!

詳細はこちら 詳細情報の入力へ進む
報告が完了しました

」さんのブロックを解除しますか?

ブロックを解除するとお互いにフォローすることができるようになります。

ブロック

さんはあなたをフォローしたりあなたのコメントにいいねできなくなります。また、さんからの通知は表示されなくなります。

さんをブロックしますか?

ブロック

ブロックが完了しました

ブロック解除

ブロック解除が完了しました

機能制限のお知らせ

現在、コメントの違反報告があったため一部機能が利用できなくなっています。

そのため、この機能はご利用いただけません。
詳しくはこちらにお問い合わせください。

ユーザーをフォローすることにより自身の基本情報
お相手に公開されます