開閉ボタン
ユーザーメニュー
ユーザーメニューコンテンツ
ログイン

  • 2011/02/16

日本IBM、データベース・ワークロードに特化したx86ブレード・サーバ発表

日本IBMは16日、ストレージに高速アクセスできる構成により、データベースの高速処理を実現するx86ブレード・サーバ「データベース・ワークロード最適化モデル」を発表した。

photo
データベース・ワークロード最適化モデル製品写真
 日本アイ・ビー・エム(日本IBM)は、ストレージに高速アクセスできる構成により、データベースの高速処理を実現するx86ブレード・サーバ「データベース・ワークロード最適化モデル」を発表した。同製品は、同社があらかじめプロセッサーやメモリ、ストレージなどを構成し、検証しているため、ユーザーは必要性能の見積もりや必要なオプション製品の個別発注などの作業が不要になり、迅速にデータベース・サーバを構築できる。

 また同製品は、ストレージとして320GBの半導体ボードを2枚搭載しており、HDD2000個分以上の入出力処理性能を実現する。そのため、ストレージへの高速アクセスを必要とする大規模データベースやオンメモリデータベース、Webサイトのバックエンドデータベースシステムなどに適している。また、消費電力においては、2000個のHDDを搭載できるストレージ装置の約600分の1となり、40kWh以上の電力消費を抑えるという。これは、年間約35万kWhの電力削減となり、CO2換算で年間約110トンの排出量削減に相当する。さらに、ネットワークの仮想化機能も備え、それぞれのデータベースに独立したネットワークを構成することが可能となる。

 本製品は、IBMの次世代x86サーバのアーキテクチャ「第5世代 Enterprise X-Architecture(eX5)」に準拠したブレード・サーバ「IBM BladeCenter® HX5」に、640GBの半導体ボードを搭載。また、10Gbpsのネットワーク帯域を分割でき、2本のEthernetケーブルで8つのネットワークに接続できる拡張ボード「バーチャル・ファブリック・アダプター」も、あらかじめ搭載する。

 同製品の価格や構成は以下の通り。

データベース・ワークロード最適化モデル

  * 価格: 6,100,000円(税別)
  * 構成:プロセッサー : インテル Xeon プロセッサー E7540(2GHz) 2個 / メモリー : 32GB標準搭載、最大128GB (DDR3 ECC RDIMM 8GB ×16) / ストレージ: 320GB 半導体ボード 2枚 / ネットワーク・アダプター : バーチャル・ファブリック・アダプター(10Gbps)
  * 出荷開始日: 2月16日
  * 保証期間: 3年間部品/3年間オンサイト修理保証サービス(24時間×7日/CRU)

お勧め記事

サーバ ジャンルのトピックス

サーバ ジャンルのIT導入支援情報

関連リンク

PR

ビジネス+IT 会員登録で、会員限定コンテンツやメルマガを購読可能、スペシャルセミナーにもご招待!