開閉ボタン
ユーザーメニュー
ユーザーメニューコンテンツ
ログイン

関連ジャンル

  • 会員限定
  • 2021/12/27

エッジ・コンピューティング注目のワケ、進化支える3つの技術をガートナーが解説

エッジ・コンピューティングへの関心が急速な高まりを見せている。従来の無線通信より格段に高速かつ低遅延である5G通信の普及に歩みを合わせて、従来よりもはるかに高速かつ低コストでの処理が可能になり、今後の企業によるエッジ・コンピューティングの利用拡大は確実な状況だ。では、どのような利用シーンで活用が見込まれ、そこで何が鍵を握ることになるのか。ガートナー ジャパン リサーチ&アドバイザリ部門 インフラ&オペレーションズ ディレクター アナリストの山本琢磨氏が、エッジ・コンピューティングの最新動向を交えて解説する。

執筆:フリーライター 岡崎勝己

執筆:フリーライター 岡崎勝己

画像
急速な関心の高まりを見せているエッジ・コンピューティングはどのような利用シーンで活用され、そこでは何が鍵を握るのか?
(Photo/Getty Images)

※本記事は「Gartner IT Symposium/Xpo 2021」の内容をもとに再構成したものです。

約8割がエッジ・コンピューティング利用に前向き

 IoTの普及を背景に、新たな通信技術であり概念でもある「エッジ・コンピューティング」への関心が企業間で急速な高まりを見せている。ガートナーが2021年に実施した調査でも、エッジ・コンピューティングの採用を計画する企業は、検討中との回答を含めてすでに77.7%に達するほどだ。

 山本氏は、「従来よりもはるかに高速かつ低遅延を実現した5G通信が国内でも2020年にサービスを開始したことで、エッジ・コンピューティングは一気に身近なものとなりました。5Gのサービスエリアが限定されていることは課題ですが、それが解消されることで、エッジ・コンピューティングはクラウドに次ぐ競争力強化やDXの策として、今後の急速な普及は間違いの無いところです」と説明する。

 エッジ・コンピューティングが注目される理由。IoTの一連のデータ処理プロセスを確認することで、容易にその理由を理解できる。

ファナックや小田急も実践、エッジ・コンピューティングのメリット

 IoTでは現場で生成されたセンサーデータなどを収集/分析し、その結果を基に、現場のデバイスに各種の指示を出す。しかし、そこでは、クラウド上でのデータ処理によって現場とクラウドとの物理的な通信距離が伸び、また、中継サーバなどを挟むことから、それだけ通信時間が長引くことが課題となる。必然的に、高いリアルタイム性を要す用途では適用が難しく、しかも、生成するデータが増えるほど、通信コストもかさまざるを得なかった。

 対して、エッジ・コンピューティングの最大の特徴は、データ処理を現場とクラウドの間に設置したエッジサーバで行うことだ。

画像
エッジ・コンピューティングではエッジサーバで処理を行う。クラウドと通信しないため、処理時間を短縮でき、通信コストも削減できる
(出典:ガートナー)

 これにより、通信距離が格段に短くなることで通信時間が短縮される。また、クラウドを利用しないため、データがいくら増えても通信コストが変わらない。

「エッジ・コンピューティングにより低遅延での高速なリアルタイム処理が可能になり、自動運転車や不良品検査、防犯など、非常に短時間での処理が求められる用途までIoTの適用範囲が拡大します。また、通信コストの問題も解消でき、画像解析といった大量データを用いる仕組みの構築にも、容易に乗り出せます」(山本氏)

 エッジ・コンピューティングの業務活用を本格化させている企業の1社が工作機械メーカーのファナックだ。同社では、産業用ロボットの学習情報共有やセンサーデータのディープラーニング解析などを支援する製造現場向けIoTプラットホーム「FIELD system」を自社工場に導入。工作機械などから収取される各種データのエッジ処理でリアルタイム処理を実現し、製造スピードの高速化などで成果を上げている。

 また、小田急電鉄では21年2月、人手で行っていた通行量調査を、AIエッジカメラ「IDEA counter」に置き換える実証実験を実施。この取り組みではAIカメラ内で映像を分析し、結果だけをクラウドに送る仕組みを採用することで、通信コストの削減を実現した。

 人手での作業よりも調査コストを抑えられることが確認でき、今後は長期的な継続調査にも活用を進める計画だ。これら以外にも、現場作業の自動化やコンテンツ配信ネットワークなどでのデータ送受信の効率化など、多彩な利用シーンが見込まれている。

画像
エッジ・コンピューティングはクラウド利用に起因する通信の時間とコストの問題を解消できる利点から、多様なユースケースが見込まれている
(出典:ガートナー)

【次ページ】業務適用へアイデア競争本格化?3つの技術進化が追い風に

サーバ ジャンルのセミナー

サーバ ジャンルのトピックス

サーバ ジャンルのIT導入支援情報

PR

ビジネス+IT 会員登録で、会員限定コンテンツやメルマガを購読可能、スペシャルセミナーにもご招待!