開閉ボタン
ユーザーメニュー
ユーザーメニューコンテンツ
ログイン

  • 2011/06/14

日立TO、グローバルの組織間でのプロジェクト管理/情報共有を実現するクラウド「OnSchedule」を提供

日立東日本ソリューションズは14日、情報の共有を支援するサービス「OnSchedule」をメニュー化し、6月16日からサービス申込み受付を開始すると発表した。

 日立東日本ソリューションズ(日立TO)は、グローバルでの組織間のさまざまなプロジェクト管理で必要とする情報(ドキュメント、スケジュール管理やコミュニケーション)の共有を支援するサービス「OnSchedule」をメニュー化し、6月16日からサービス申込み受付を開始する。

 また日立製作所は、日立クラウドソリューション「Harmonious Cloud」の企業間ビジネスメディアサービス「TWX-21」のSaaS事業支援サービスを利用し、SaaSメニューの1つとして「OnSchedule」を提供する。

photo
「OnSchedule」利用イメージ

 「OnSchedule」を利用することで、プロジェクトの進捗状況、成果物や担当者間で発生するQ&Aといった、プロジェクトを効率的に進める上で役立つ情報がリアルタイムで一元共有でき、グローバルの企業・拠点・部門間で常に最新の情報を認識することができる。また、ドキュメントや情報のメールによる受渡し、進捗やドキュメントの最新バージョン管理など、情報共有で発生する作業の負荷を軽減し、業務の安全/円滑な推進をはかる。

 価格は月額で10,500円(税込み)から、3年間累計で500件の契約を目指すとしている。

お勧め記事

プロジェクト管理・ワークフロー管理 ジャンルのトピックス

プロジェクト管理・ワークフロー管理 ジャンルのIT導入支援情報

関連リンク

PR

ビジネス+IT 会員登録で、会員限定コンテンツやメルマガを購読可能、スペシャルセミナーにもご招待!