開閉ボタン
ユーザーメニュー
ユーザーメニューコンテンツ
ログイン

  • 2011/07/12

富士通とFJM、日本基準とIFRSを同時に自動生成する統合会計ソリューション「GLOVIA SUMMIT GM」

富士通と富士通マーケティング(以下、FJM)は12日、統合会計ソリューション「GLOVIA SUMMIT GM(グロービア サミット ジーエム)」を2011年10月末より販売すると発表した。

 「GLOVIA SUMMIT GM」は、財務会計や予算実績管理といった従来の会計業務に加え、全世界のグループ企業の企業活動情報を統合、受注情報などを加味した将来予測、ビジネス環境の変化に応じて定期的に予算を見直すローリングフォーキャストモデルを備えた統合会計ソリューション。インメモリアーキテクチャーによる高速処理によって月間1億件の大量情報の一元管理を実現し、会計業務の効率化とタイムリーな経営判断を可能にするという。

 また、IFRS対応では、既存の業務システムのデータから、複数基準の仕訳を自動生成されるため、業務負荷やシステムへの影響を抑えるとともに、日本の税制や商習慣を踏まえた対応を実現できる。また、連結会計システム「GLOVIA/SUPER COMPACT Pathfinder」との連携により、制度連結決算への対応も可能。

 「GLOVIA/SUMMIT」は、会計専用のデータウェアハウスによる財務会計と管理会計の一体化をコンセプトに1997年より提供されており、今回提供される経営会計ソリューション「GLOVIA SUMMIT GM」のほか、固定資産管理ソリューション「GLOVIA SUMMIT FM (Fixed assets Management)」、経営可視化ソリューション「GLOVIA SUMMIT MI (Management Data Intelligence)」がラインアップされ、それぞれ連携が可能になっている。

 価格は以下の通り。富士通およびFJMでは2年間で700サイトへの販売を目指す。

photo
販売価格、および出荷時期

お勧め記事

財務会計・管理会計 ジャンルのトピックス

財務会計・管理会計 ジャンルのIT導入支援情報

関連リンク

ビジネス+IT 会員登録で、会員限定コンテンツやメルマガを購読可能、スペシャルセミナーにもご招待!