開閉ボタン
ユーザーメニュー
ユーザーメニューコンテンツ
ログイン

  • 会員限定
  • 2011/08/05

ビルディング・オートメーション・システム市場:BEMSが牽引して3.9%増、オープン化進み金額は横ばい

矢野経済研究所は5日、BAS(ビルディング・オートメーション・システム)市場に関する調査結果を発表した。2010年度のBAS市場規模はメーカーにおける販売数ベースで2150システム(前年度比3.9%増)、金額ベースで430.5億円(同1.3%増)となった。

 BAS(ビルディング・オートメーション・システム)とは、主にセントラル空調方式が採用される大型のビルや施設に導入して、空調機器管理、電力機器管理、照明機器管理、動力機器管理、セキュリティ機器管理などを自動的に行うシステムのこと。

 ビル建築市場はリーマンショック後の景気後退により2008年、2009年は低迷したが、2010年には回復の方向にあり、2010年度のBAS市場規模もメーカーにおける販売数ベースで2150システム(前年度比3.9%増)、金額ベースで430.5億円(同1.3%増)に伸長した。

 BAS市場の伸長には、省エネルギーニーズに対応するBEMS(ビルディング&エネルギー・マネジメント・システム)機能の付加も寄与していると矢野経済は指摘。最近のBEMSでは、「エネルギーの見える化」機能が注目されるようになっているという。

 BASは既設ビルにおいて10~20年程度のスパンで更新されるため、BAS市場ではリニューアルの需要が50%強を占めるようになっている。

この続きは会員限定です

ここから先は「ビジネス+IT プレミアム会員」に登録の方(登録は無料)のみ、ご利用いただけます。

今すぐビジネス+IT会員にご登録ください。

すべて無料!ビジネスやITに役立つメリット満載!

  • 1

    インタビューから事例記事まで、ここでしか読めない1万本超の記事が無料で閲覧可能

  • 2

    導入事例資料や技術資料、デモ動画などを無料でダウンロード・閲覧可能

  • 3

    年間1,000本以上、会員限定のスペシャルセミナーにご招待

  • 4

    ビジネス+IT編集部が必読記事を、メールマガジンでお知らせ!

お勧め記事

財務会計・管理会計 ジャンルのトピックス

財務会計・管理会計 ジャンルのIT導入支援情報

ビジネス+IT 会員登録で、会員限定コンテンツやメルマガを購読可能、スペシャルセミナーにもご招待!