• 2011/10/21 掲載

アサヒビールとキリンビールが環境負荷低減で協働、小口配送共同化の取り組み拡大

  • icon-mail
  • icon-print
  • icon-hatena
  • icon-line
  • icon-close-snsbtns
記事をお気に入りリストに登録することができます。
アサヒビールとキリンビールは、小口配送共同化の実施エリアを拡大することを発表した。
 アサヒビールとキリンビールは、2011年8月から実施している物流部門での環境負荷低減および業務効率化を目指した協働取り組みの展開エリアを拡大すると発表した。

 両社では、通常は工場から10t車以上の大型トラックで卸店に配送を行っているが、一部の地域では2~4t車の小型トラックで複数の小売店に置き回り配送しているケースがある。これら小口配送について、これまで東京都の一部エリア(江東、江戸川、渋谷、新宿、中野、杉並の6区)で実施していた小口配送の共同化を東京都内全域および神奈川県の一部地域に拡大し、10月24日から開始する。

 今回の拡大では、すでに相互活用を進めているアサヒビール新宿配送センター(渋谷区)やキリンビール東部センター(江東区)に加え、アサヒビール平和島配送センター(大田区)とアサヒビール墨田配送センター(墨田区)、アサヒビール西多摩配送センター(西多摩郡)、キリンビール川崎センター(川崎市)を新たな相互活用拠点と位置づけ、両社の対象製品を東京都全域および横浜市、大和市にある両社の得意先に共同で配送する。これにより、共同で小口配送を行う得意先はこれまでの約5倍の925店に拡大し、さらなる配送距離の短縮・積載率の向上・車両回転率の向上が実現することで、環境負荷の低減につなげていく方針だ。

 アサヒビールとキリンビールは、市場では競合として公正な競争を展開する一方で、環境問題に対して、環境にやさしく経済性の高い物流の共同展開を行うなど、「競争と協調」の視点から既存の枠組みを超えた協力体制を構築する方針を発表している。

photo
図:展開地区と役割分担


関連タグ タグをフォローすると最新情報が表示されます
あなたの投稿

    PR

    PR

    PR

処理に失敗しました

人気のタグ

投稿したコメントを
削除しますか?

あなたの投稿コメント編集

機能制限のお知らせ

現在、コメントの違反報告があったため一部機能が利用できなくなっています。

そのため、この機能はご利用いただけません。
詳しくはこちらにお問い合わせください。

通報

このコメントについて、
問題の詳細をお知らせください。

ビジネス+ITルール違反についてはこちらをご覧ください。

通報

報告が完了しました

コメントを投稿することにより自身の基本情報
本メディアサイトに公開されます

必要な会員情報が不足しています。

必要な会員情報をすべてご登録いただくまでは、以下のサービスがご利用いただけません。

  • 記事閲覧数の制限なし

  • [お気に入り]ボタンでの記事取り置き

  • タグフォロー

  • おすすめコンテンツの表示

詳細情報を入力して
会員限定機能を使いこなしましょう!

詳細はこちら 詳細情報の入力へ進む
報告が完了しました

」さんのブロックを解除しますか?

ブロックを解除するとお互いにフォローすることができるようになります。

ブロック

さんはあなたをフォローしたりあなたのコメントにいいねできなくなります。また、さんからの通知は表示されなくなります。

さんをブロックしますか?

ブロック

ブロックが完了しました

ブロック解除

ブロック解除が完了しました

機能制限のお知らせ

現在、コメントの違反報告があったため一部機能が利用できなくなっています。

そのため、この機能はご利用いただけません。
詳しくはこちらにお問い合わせください。

ユーザーをフォローすることにより自身の基本情報
お相手に公開されます