開閉ボタン
ユーザーメニュー
ユーザーメニューコンテンツ
ログイン

  • 2011/11/07

BSP上海、中国市場向けのITシステム運用パッケージソフトウェア開発で現地の西北工業大学と産学連携

BSP上海と中国・西北工業大学は、中国市場向けのITシステム運用パッケージソフトウェアの開発における産学連携を行った。

 ビーエスピーの連結子会社であるビーエスピー上海(中国名:備実必(上海)軟件科技有限公司、以下 BSP上海)と、中国陝西省西安市の総合大学である西北工業大学は、中国市場向けのITシステム運用パッケージソフトウェアの開発における産学連携を発表した。

 今後、BSP上海の支店であるBSP上海西安R&Dセンター(中国西安市)において製品開発を本格化させ、2012年の市場投入へ向けた開発を進める予定となっている。

 西北工業大学では現在約2万人の学生が学ぶ。同大学は企業との産学連携に意欲的であり、民間企業との共同開発等による実績を重ねているという。今回の連携により、BSP上海は、同大学が有するオープンソースに関するIT 技術および研究実績を、中国市場向けの運用パッケージソフトウェアの開発に取り込んでいく方針。同時に、中国市場におけるシステム運用ニーズや課題、パッケージソフトウェアに求められる要件等を広く学ぶことで、現地ニーズに応えた、高品質な運用パッケージソフトウェアの早期完成を目指す。

M&A・提携・協業 ジャンルのトピックス

M&A・提携・協業 ジャンルのIT導入支援情報

PR

ビジネス+IT 会員登録で、会員限定コンテンツやメルマガを購読可能、スペシャルセミナーにもご招待!