開閉ボタン
ユーザーメニュー
ユーザーメニューコンテンツ
ログイン

  • 2011/11/29

日本通信、法人向けデータ通信サービスを終了 事業売却準備で会社分割

日本通信は28日、法人直販データ通信サービス事業(B to B)を会社分割し、売却の準備として、新たに設立する同社100%子会社のJCIエンタープライズネットワークに承継させると発表した。

 日本通信では、2010年2月からモバイル市場でコンシューマ重視へと戦略をシフトしており、2011年3月期第3四半期(2010年10月~12月)において黒字転換を果たしていた。

 この間、法人直販サービスについて、自社単独ではなく、パートナー企業と取り組んでいくことを目指し、パートナー企業の選定および交渉を進めていたが、今回、同事業を売却する方針を固め、法人直販サービス部門を会社分割し、100%出資の新設会社に移管することを決定した。

 今回の会社分割により、日本通信の直販事業としての法人向けサービス提供は終了し、法人向けサービスについては100%MVNEとしてサービスを展開する。

 日本通信では、現在、データ通信サービスを受けている法人へのサービスはネガティブな影響はないことを保証すると説明している。

スマートフォン・携帯電話 ジャンルのトピックス

スマートフォン・携帯電話 ジャンルのIT導入支援情報

関連リンク

ビジネス+IT 会員登録で、会員限定コンテンツやメルマガを購読可能、スペシャルセミナーにもご招待!