開閉ボタン
ユーザーメニュー
ユーザーメニューコンテンツ
ログイン

  • 会員限定
  • 2012/04/18

関西流ベタベタIT商法の挑戦86~試食販売にこだわり固定客を獲得

合同会社 関西商魂 代表 中森勇人

大型連休を前に仕事に追われ朝食抜きで出勤というビジネスマンも多いことだろう。そんな時にお勧めなのが日本人のソウルフード、納豆かけごはん。熱々の白飯に程良く粘りが出た納豆をかけていただく。ナットウキナーゼの血液サラサラ効果も相まって健康食品としても注目を浴びている。大阪府大東市で納豆の製造販売を手がける小金屋食品は親子二代にわたり50余年の間、手作り納豆にこだわり続けてきた。吉田恵美子社長(48)は「関西圏では納豆を食べる習慣が希薄です。でも、それがかえって顧客獲得のチャンスだととらえ、日々チャレンジを心がけています」と語る。

中森勇人

中森勇人

合同会社 関西商魂
代表

食わず嫌いを巻き込む3つの秘策

 実は吉田社長は元OL。納豆に関してはほとんど素人だった。2003年に創業者の父親の死に際し、環境が一変する。

 吉田社長は「父親は山形から大阪に出てきたのですが、病床でも納豆の話ばかり、最期まで納豆つくりをあきらめなかった父でした。だったら私が納豆一筋だった父親の想いを叶えようと家業を継ぐことを決めたわけです。家族やスタッフの手を借りながら試行錯誤を繰り返し、構想から4年がかりで納豆菌のみで発酵・熟成をさせた『なにわら納豆』を完成させました。懐かしい味がすると利用者が増え、おかげさまでここ数年の売り上げは40%ほどアップしてきています」と振り返る。

この続きは会員限定です

ここから先は「ビジネス+IT」の会員の方(登録は無料)のみ、ご利用いただけます。

今すぐビジネス+IT会員にご登録ください。

すべて無料!ビジネスやITに役立つメリット満載!

  • 1

    インタビューから事例記事まで、ここでしか読めない1万本超の記事が無料で閲覧可能

  • 2

    導入事例資料や技術資料、デモ動画などを無料でダウンロード・閲覧可能

  • 3

    年間1,000本以上、会員限定のスペシャルセミナーにご招待

  • 4

    ビジネス+IT編集部が必読記事を、メールマガジンでお知らせ!

ブランド向上・マーケティング・PR ジャンルのセミナー

ブランド向上・マーケティング・PR ジャンルのトピックス

ブランド向上・マーケティング・PR ジャンルのIT導入支援情報

関連リンク

PR

ビジネス+IT 会員登録で、会員限定コンテンツやメルマガを購読可能、スペシャルセミナーにもご招待!