開閉ボタン
ユーザーメニュー
ユーザーメニューコンテンツ
ログイン

  • 2012/04/13

日立とマイクロソフトがクラウド事業で提携 日系グローバル展開企業を狙い撃ち

日立製作所と日本マイクロソフトは13日、日立のクラウドソリューション「Harmonious Cloud」とマイクロソフトのパブリッククラウドサービス「Microsoft Windows Azure Platform」を連携させ、グローバル事業を展開するユーザー向けのクラウドソリューションとして提供すると発表した。

 今回の提携では、日立はコンサルティングやシステムインテグレーションサービス、高品質・高信頼なクラウドサービスに加えて、データセンター連携のWAN高速化技術、統合運用管理技術などを提供。マイクロソフトは、「Windows Azure Platform」とそれらの技術の連携、また統合運用に必要な情報や技術、マイクロソフトの世界各地域のデータセンターとの連携技術などを提供する。

 国内企業に強く、高品質をウリにする日立のプライベートクラウドや関連技術で重要なデータは国内に保管し、グローバル拠点を持つマイクロソフトのパブリッククラウドで低コストで柔軟性が高いシステムを実現することで、補完関係を築く。

 両社の顧客からは「マイクロソフト プラットフォームベースの既存IT資産を有効活用したい」「海外に業務データを置きたくない」「グローバルベースのクラウドを活用した場合の現地サポートが心配」という声があったという。

photo
両社で実現するハイブリッドクラウドソリューションのビジョン

 合わせて、グローバルでのサポートを両社が連携して提供する。

クラウド ジャンルのセミナー

クラウド ジャンルのトピックス

クラウド ジャンルのIT導入支援情報

ビジネス+IT 会員登録で、会員限定コンテンツやメルマガを購読可能、スペシャルセミナーにもご招待!