開閉ボタン
ユーザーメニュー
ユーザーメニューコンテンツ
ログイン

  • 2012/06/19

米マイクロソフト、初の自社製タブレット端末「Surface(サーフェス)」を発表

米マイクロソフトは18日(現地時間)、同社初の自社製タブレット端末「Surface(サーフェス)」を発表した。インテルCPU向けのWindows 8 Proを搭載した上位モデルとARM向けのWindows RTを搭載したモデルを提供する。どちらも10.6型のHDディスプレイを備え、キーボードとしても使える独自技術のカバーも用意する。

 Windows 8 Pro版、RT版の双方に共通するのは、アスペクト比16:9の10.6型HDディスプレイ、フルサイズUSBポート、VaporMgと呼ばれる合金で“高級時計のような”加工を施した筐体。スタンドが一体化されており、立てかけてノートPCのように利用することができる。

 最大の特長は、薄さ3ミリの画面カバー「Touch Cover」。キーボードとして機能し、キー入力に弱いとされるiPadとの差別化を鮮明にした。従来のタイピングに近い5ミリのカバー兼キーボードも用意する。

photo
Surface

 Windows RT版は、重量676グラム、厚さは9.3ミリメートル、microSD、USB 2.0、マイクロHDビデオポート、2x2のMIMOアンテナを備え、Office 15を内蔵するほか、タッチタイプのカバーが備わる。ストレージは32GBと64GB版が用意される。

 Windows 8 Pro版は、重量903グラム、厚さは13.5ミリメートル、microSDXC、USB 3.0、ミニディスプレイポート、、2x2のMIMOアンテナを備える。タッチタイプのカバーのほか、パームブロックとペンも備わる。ストレージは64GBと128GB版が用意される。

 価格は同等性能のARM端末やインテルUltrabookと競合する程度の価格に抑えられるという。Windows RT版はWindows 8の発売に合わせて投入され、米国外ではインターネット販売が中心になる見込み。日本での販売は明らかになっていない。

 同社特設サイト(http://www.microsoft.com/surface)では、動画も提供されている。
 米IDCの調査によれば、2012年のタブレット端末の世界出荷台数予測は1億740万台。そのうちiOS(iPad)が62.5%を占めるとされ、マイクロソフトが持つPC市場も脅かされている。今回、自社の独自製品を提供することで巻き返しを図るが、従来から貫いてきたハードウェアは他社に委ねてきたパートナー戦略についても大きく舵を切ることになる。

タブレット・電子書籍端末 ジャンルのトピックス

タブレット・電子書籍端末 ジャンルのIT導入支援情報

PR

ビジネス+IT 会員登録で、会員限定コンテンツやメルマガを購読可能、スペシャルセミナーにもご招待!