開閉ボタン
ユーザーメニュー
ユーザーメニューコンテンツ
ログイン

  • 会員限定
  • 2012/06/28

Windows Phone 8ついに発表!Windows 8とOSコアを共通化、IE10も共通化し、コードの移植も簡単に

スマートフォン向けOSに新風を起こせるか

マイクロソフトは6月21日(日本時間)、スマートフォン向けOSの次のバージョンとなるWindows Phone 8を発表しました。最大の特徴は、OSコアをはじめ可能な限りWindows 8と内部の共通化をはかった点です。ドライバやコードの移植性が、Windows 8とWindows Phone 8のあいだで劇的に高まったとのこと。またWindows Phone 8にはInternet Explorer 10も搭載。これもHTMLレンダリングやJavaScriptエンジンのコアを共通化したことで、機能も性能も向上。PCとスマートフォンで同じレンダリングになることで、Webデベロッパーの開発も容易になると説明しました。発表のハイライトを紹介します。

Publickey 新野淳一

Publickey 新野淳一

ITジャーナリスト/Publickeyブロガー。大学でUNIXを学び、株式会社アスキーに入社。データベースのテクニカルサポート、月刊アスキーNT編集部 副編集長などを経て1998年退社、フリーランスライターに。2000年、株式会社アットマーク・アイティ設立に参画、オンラインメディア部門の役員として2007年にIPOを実現、2008年に退社。再びフリーランスとして独立し、2009年にブログメディアPublickeyを開始。現在に至る。

OSコアをWindows 8と共通化

 Windows Phone 8の最大の特徴は「Shared Windows Core」。現バージョンのWindows Phone 7はWindows CEをベースにしていたが、Windows Phone 8ではWindows 8とコアを共通化する。

photo

 Shared Windows Coreとはいくつかのコンポーネントのセットであり、カーネル、ネットワーキング、ファイルシステム、マルチメディア、グラフィックスなどが含まれる。

 その利点は、コンシューマにとってデバイスの選択肢が広がり、デベロッパーはアプリケーションの移植性が高まり、ハードウェアデベロッパーはドライバモデルがWindowsと共通化されるためドライバの開発が容易になり、開発コストが劇的に下がる。

photo

 マルチコア対応、幅広い画面解像度のサポート、そしてMicroSDのサポートも行う。

photo

次ページ >>  IE10も共通化、HTML5に対応しJavaScriptの性能は4倍に

タブレット・電子書籍端末 ジャンルのトピックス

タブレット・電子書籍端末 ジャンルのIT導入支援情報

PR

ビジネス+IT 会員登録で、会員限定コンテンツやメルマガを購読可能、スペシャルセミナーにもご招待!