開閉ボタン
ユーザーメニュー
ユーザーメニューコンテンツ
ログイン

  • 2012/07/20

日本HP、タッチスクリーンモニタ一体型のPOS端末向けPC「HP PR7」など発表

日本HPは、タッチスクリーンモニタ搭載POS端末向けPC「HP PR7」およびその周辺機器を発表した。

 日本ヒューレット・パッカード(以下、日本HP)は、15インチタッチスクリーンモニタを搭載したPOS端末向けPC「HP RP7 Retail System, Model 7800(以下、HP PR7)」と専用オプション5製品、対応周辺機器2製品を発表した。

 日本HPでは、日本国内では2010年からリテールPOSビジネスを開始し、スターバックス コーヒー ジャパン(飲食)、コロナ(総合レジャー)、ファブリカ(アパレル)などに導入されている。今回新製品とともにキャッシュドロアーやレシートプリンターなどの周辺機器、専用オプションを発表し、リテールソリューションビジネスをさらに強化していく方針だ。

 「HP RP7」は、タッチスクリーンモニタ一体型のPOS端末向けPC。ディスプレイ部は角度や高さを変更可能で、ディスプレイを寝かせて全高の低い状態での使用も可。磁気カードリーダ、Webカメラ、指紋リーダといった専用オプションは、ディスプレイの周縁部に直接USB接続で装着する。インテル Core i3プロセッサ、DDR3メモリを搭載し、プリインストールOSは、POSの用途に特化した業界標準のWindows Embedded POSReady 2009と、オフィスなどのPC用ソフトウェアを利用できるWindows 7 Professionalから選択可能だ。そのほか、従来、法人向けデスクトップPC、ノートPCを対象に提供していた、土日、祝日を含む365日オンサイト修理対応を行う有償サポートサービス「HP Care Pack 休日修理サービス」を、POS端末向けPC製品にも提供開始することが発表されている。

 新製品は7月26日から販売開始、9月下旬から出荷開始される。

ブランド向上・マーケティング・PR ジャンルのセミナー

ブランド向上・マーケティング・PR ジャンルのトピックス

ブランド向上・マーケティング・PR ジャンルのIT導入支援情報

PR

ビジネス+IT 会員登録で、会員限定コンテンツやメルマガを購読可能、スペシャルセミナーにもご招待!