開閉ボタン
ユーザーメニュー
ユーザーメニューコンテンツ
ログイン

  • 会員限定
  • 2012/09/13

日立製作所、1台のサーバ上で複数の仮想化ソフトウェアを動作させる技術を開発 業界初

日立製作所は13日、1台のPCサーバ上で複数のサーバ仮想化ソフトウェアを動作させる技術を開発したと発表した。同社によれば、業界初だという。レッドハットの協力のもと、クラウド向けのサーバ仮想化ソリューションとして提供する。

photo
「BladeSymphony」のハイエンドモデル「BS2000」
 日立は、同社のブレードサーバ「BladeSymphony」に搭載されているサーバ論理分割機構「Virtage(バタージュ)」の機能を拡張し(参考資料:サーバ仮想化機構「Virtage」 開発コンセプト)、論理的に分割したサーバの区画(LPAR:Logical PARtitioning)の上で複数のサーバ仮想化ソフトウェアを安定的に動作させる技術を開発した。

 これにより、マルチテナントのクラウド環境において、テナントごとに割り当てたLPAR上でサーバ仮想化ソフトウェア(ハイパーバイザー)を動作させることで、各テナントにおける負荷変動や障害からの独立性を高めることができ、1台のサーバ上に複数のテナントを効率的に集約することが可能になるという。

この続きは会員限定です

ここから先は「ビジネス+IT プレミアム会員」に登録の方(登録は無料)のみ、ご利用いただけます。

今すぐビジネス+IT会員にご登録ください。

すべて無料!ビジネスやITに役立つメリット満載!

  • 1

    インタビューから事例記事まで、ここでしか読めない1万本超の記事が無料で閲覧可能

  • 2

    導入事例資料や技術資料、デモ動画などを無料でダウンロード・閲覧可能

  • 3

    年間1,000本以上、会員限定のスペシャルセミナーにご招待

  • 4

    ビジネス+IT編集部が必読記事を、メールマガジンでお知らせ!

仮想化ソフトウェア ジャンルのセミナー

仮想化ソフトウェア ジャンルのトピックス

仮想化ソフトウェア ジャンルのIT導入支援情報

PR

ビジネス+IT 会員登録で、会員限定コンテンツやメルマガを購読可能、スペシャルセミナーにもご招待!