開閉ボタン
ユーザーメニュー
ユーザーメニューコンテンツ
ログイン

  • 2013/03/19

クオリティソフトとソフトクリエイト、マルチデバイス管理サービス「MOKA」を発売

クオリティソフトとソフトクリエイトは19日、戦略的アライアンスで合意し、マルチデバイス管理サービス「MOKA」の販売を開始すると発表した。

 今回、ソフトクリエイトが販売を開始する「MOKA」は、クオリティソフトの「ISM CloudOne」をベースとした、スマートフォン・タブレットおよびVDI環境を含むマルチデバイス管理サービス。

 「MOKA」とソフトクリエイトの製品である「Assetment」「L2Blocker」との連携を図り、両社の強みである資産管理およびセキュリティ対策を強化したサービスの提供を目指す。

photo
サービスイメージ

 ソフトクリエイトの「Assetment」は社内資産の物品管理ソフト、「L2Blocker」社内LANへの不正アクセスの検知・遮断システムソフト。

 一方、クオリティソフトの「ISM CloudOne」は、社内のクライアントPCやスマートデバイスのセキュリティ対策と資産管理サービス。

 ソフトクリエイトは、本戦略的アライアンスによって、2013年に100社・1万クライアントへの販売を目指す。

 さらに、自社導入のタブレット端末の管理に「MOKA」を採用するとともに、目標を達成するため、クオリティソフト製品の認定技術者、販促プロジェクトチームの設置や、問い合わせの商談窓口を設置する。

 また、今後両社にてセミナーおよび展示会の開催など、共同でプロモーションを実施していく予定という。

 近年では、企業や公官庁自治体において、スマートフォンやタブレットなどのスマートデバイスが急速に普及しており、その資産管理、機密情報管理および個人情報管理等のセキュリティ対策が課題となっている。また、来年のWindows XPサポート終了に伴い、クライアントの仮想化を検討する企業も多い。両社ではこうした企業や官公庁自治体の需要を取り込みたい考え。

モバイルセキュリティ・MDM ジャンルのトピックス

モバイルセキュリティ・MDM ジャンルのIT導入支援情報

ビジネス+IT 会員登録で、会員限定コンテンツやメルマガを購読可能、スペシャルセミナーにもご招待!