• 2013/07/12 掲載

CTCとABB、大規模電力需要家向けに仮想発電所ソリューションを提供

  • icon-mail
  • icon-print
  • icon-hatena
  • icon-line
  • icon-close-snsbtns
記事をお気に入りリストに登録することができます。
伊藤忠テクノソリューションズ(以下、CTC)は、電力技術とオートメーション技術を手がけるABBと、エネルギー監視、予測、最適化を支援するパッケージソフトウェア「cpmPlus Energy Manager」の国内初の販売代理店契約を締結し、売電ビジネスの高収益化や余剰電力活用を支援するVPP(Virtual Power Plant:仮想発電所)ソリューションの提供を開始すると発表した。
 今回提供するソリューションは、データを収集するための計測器の設置、ネットワークの設計・構築、データをcpmPlus Energy Managerで分析・活用するためのITシステム全体の構築、保守サポートまでをワンストップで提供するというもの。

 cpmPlus Energy Managerは、エネルギー監視、予測、最適化を支援するパッケージソフトウェア。エネルギー効率向上、エネルギーコスト削減、売電収益向上のため、欧州・北米を中心に約100カ所の鉄鋼、紙・パルプ、化学などのプラント工場や公益事業などで使用されている。

 cpmPlus Energy Managerの導入によるエネルギーコストの最適化により、エネルギーコストを最大5%削減し、予測から自動算出する売電計画の活用により、売電収益向上が期待できるという。

 CTCでは、cpmPlus Energy Managerの日本国内における導入支援を行い、ABB社は技術支援を実施する。データを収集するための計測器の設置、ネットワークの設計・構築、データを分析、活用するためのITシステム全体の構築、保守サポートまでをワンストップで提供する。パッケージソフトの利点を活かしたシステム構成にしていることで、同様のシステムを独自開発する場合に比べて、構築期間を最大9割短縮できるという。

photo
エネルギー需要予測イメージ

 また、利用企業が自社独自で構築するオンプレミス型だけでなく、CTCのクラウド型基盤「TechnoCUVIC」シリーズ上でも利用できる。

 CTCは、工場の最適化生産プロセスを分析評価するソリューションを20年以上にわたり提供。また、風力・太陽光を中心とした新エネルギー分野においては、100件以上の事業開発や運営に関する支援を実施してきた。CTCでは、今回のサービス提供を契機に、化石燃料系の発電所電源、エネルギー関連ソリューションなどエネルギー事業全般へのトータル支援体制を整えていく考え。

 今回のソリューションは、鉄鋼、紙・パルプ、化学系工場などの自社で発電した余剰電力の売電や活用を検討する電力の大規模需要家、特定規模電気事業者(以下、新電力)などに提供し、3年間で10億円の売上を目指す。

関連タグ

あなたの投稿

関連コンテンツ

    PR

    PR

    PR

処理に失敗しました

人気のタグ

投稿したコメントを
削除しますか?

あなたの投稿コメント編集

機能制限のお知らせ

現在、コメントの違反報告があったため一部機能が利用できなくなっています。

そのため、この機能はご利用いただけません。
詳しくはこちらにお問い合わせください。

通報

このコメントについて、
問題の詳細をお知らせください。

ビジネス+ITルール違反についてはこちらをご覧ください。

通報

報告が完了しました

コメントを投稿することにより自身の基本情報
本メディアサイトに公開されます

必要な会員情報が不足しています。

必要な会員情報をすべてご登録いただくまでは、以下のサービスがご利用いただけません。

  • 記事閲覧数の制限なし

  • [お気に入り]ボタンでの記事取り置き

  • タグフォロー

  • おすすめコンテンツの表示

詳細情報を入力して
会員限定機能を使いこなしましょう!

詳細はこちら 詳細情報の入力へ進む
報告が完了しました

」さんのブロックを解除しますか?

ブロックを解除するとお互いにフォローすることができるようになります。

ブロック

さんはあなたをフォローしたりあなたのコメントにいいねできなくなります。また、さんからの通知は表示されなくなります。

さんをブロックしますか?

ブロック

ブロックが完了しました

ブロック解除

ブロック解除が完了しました

機能制限のお知らせ

現在、コメントの違反報告があったため一部機能が利用できなくなっています。

そのため、この機能はご利用いただけません。
詳しくはこちらにお問い合わせください。

ユーザーをフォローすることにより自身の基本情報
お相手に公開されます