開閉ボタン
ユーザーメニュー
ユーザーメニューコンテンツ
ログイン

  • 会員限定
  • 2013/08/03

世界スマートグラス・スマートウォッチ市場調査、2016年には1億台出荷も

矢野経済研究所は2日、スマートフォンと連携するサービス・機器に関する調査の一環として、スマートグラスとスマートウォッチに関する調査結果を発表した。調査期間は2013年2月~6月。調査対象は、携帯電話・スマートフォンメーカー、コンピューターメーカー、国内半導体メーカー、関連業界団体など。専門研究員による直接面談、電話・e-mailによるヒアリング、ならびに文献調査併用して調査が行われた。

photo
ソニーのSmartWatch 2
 調査によれば、スマートフォンに搭載されるBluetooth、Wi-Fi、NFCなどのワイヤレス接続に対応したエレクトロニクス製品が増加。なかでも矢野経済研究所は、スマートグラス、スマートウォッチに代表されるウェアラブル端末の増加により、収集した個人のバイタルデータを活用したセルフケアやヘルスケアサービス事業が期待されると指摘している。

 本調査におけるスマートグラスとは、頭部に装着する眼鏡型のディスプレイ端末を指す。バッテリー、無線機能を搭載し、スマートフォンと連携してさまざまな情報を表示でき、また音声入力で操作可能なもの。代表的なものに、グーグルが開発中のGoogle Glassなどが挙げられる。

 これまでスマートグラスは開発者向けに一部販売されているが、ハードウェア価格やアプリケーションの開発以上に、ビジネスモデルの構築や装着時の安全性確保のための法整備の必要性といった課題を抱えているという。そのため、当面は一般用、業務用のいずれにしても、普及には時間が掛かると指摘している。

 2012年の世界のスマートグラス(HMD:Head Mounted Display)の出荷台数は15万台だった。2013年のスマートグラスの世界市場規模はメーカー出荷台数ベースで45万台を見込んだ。2014年の第4四半期以降、IT企業、スマートフォンメーカーなどスマートグラスに参入する企業の増加が見込まれることから、2015年の世界の出荷台数は700万台、2016年は1,000万台と予測した。

この続きは会員限定です

ここから先は「ビジネス+IT プレミアム会員」に登録の方(登録は無料)のみ、ご利用いただけます。

今すぐビジネス+IT会員にご登録ください。

すべて無料!ビジネスやITに役立つメリット満載!

  • 1

    インタビューから事例記事まで、ここでしか読めない1万本超の記事が無料で閲覧可能

  • 2

    導入事例資料や技術資料、デモ動画などを無料でダウンロード・閲覧可能

  • 3

    年間1,000本以上、会員限定のスペシャルセミナーにご招待

  • 4

    ビジネス+IT編集部が必読記事を、メールマガジンでお知らせ!

ウェアラブル ジャンルのトピックス

PR

ビジネス+IT 会員登録で、会員限定コンテンツやメルマガを購読可能、スペシャルセミナーにもご招待!