• 会員限定
  • 2013/08/03 掲載

世界スマートグラス・スマートウォッチ市場調査、2016年には1億台出荷も

記事をお気に入りリストに登録することができます。
矢野経済研究所は2日、スマートフォンと連携するサービス・機器に関する調査の一環として、スマートグラスとスマートウォッチに関する調査結果を発表した。調査期間は2013年2月~6月。調査対象は、携帯電話・スマートフォンメーカー、コンピューターメーカー、国内半導体メーカー、関連業界団体など。専門研究員による直接面談、電話・e-mailによるヒアリング、ならびに文献調査併用して調査が行われた。
photo
ソニーのSmartWatch 2
 調査によれば、スマートフォンに搭載されるBluetooth、Wi-Fi、NFCなどのワイヤレス接続に対応したエレクトロニクス製品が増加。なかでも矢野経済研究所は、スマートグラス、スマートウォッチに代表されるウェアラブル端末の増加により、収集した個人のバイタルデータを活用したセルフケアやヘルスケアサービス事業が期待されると指摘している。

 本調査におけるスマートグラスとは、頭部に装着する眼鏡型のディスプレイ端末を指す。バッテリー、無線機能を搭載し、スマートフォンと連携してさまざまな情報を表示でき、また音声入力で操作可能なもの。代表的なものに、グーグルが開発中のGoogle Glassなどが挙げられる。

 これまでスマートグラスは開発者向けに一部販売されているが、ハードウェア価格やアプリケーションの開発以上に、ビジネスモデルの構築や装着時の安全性確保のための法整備の必要性といった課題を抱えているという。そのため、当面は一般用、業務用のいずれにしても、普及には時間が掛かると指摘している。

 2012年の世界のスマートグラス(HMD:Head Mounted Display)の出荷台数は15万台だった。2013年のスマートグラスの世界市場規模はメーカー出荷台数ベースで45万台を見込んだ。2014年の第4四半期以降、IT企業、スマートフォンメーカーなどスマートグラスに参入する企業の増加が見込まれることから、2015年の世界の出荷台数は700万台、2016年は1,000万台と予測した。

この続きは会員限定です

ここから先は「ビジネス+IT」の会員の方(登録は無料)のみ、ご利用いただけます。

今すぐビジネス+IT会員にご登録ください。

すべて無料!ビジネスやITに役立つメリット満載!

  • ここでしか見られない

    1万本超のオリジナル記事が無料で閲覧可能

  • 多角的にニュース理解

    各界の専門家がコメンテーターとして活躍中!

  • スグ役立つ会員特典

    資料、デモ動画などを無料で閲覧可能!セミナーにご招待

  • レコメンド機能

    ​あなたに合わせた記事表示!メールマガジンで新着通知

関連タグ

あなたの投稿

関連コンテンツ

PR

処理に失敗しました

トレンドタグ

おすすめユーザー

会員登録で動画、資料に使えるホワイトペーパー、オンラインセミナー年間500本など、会員限定記事が​閲覧できる!​

投稿したコメントを
削除しますか?

あなたの投稿コメント編集

機能制限のお知らせ

現在、コメントの違反報告があったため一部機能が利用できなくなっています。

そのため、この機能はご利用いただけません。
詳しくはこちらにお問い合わせください。

通報

このコメントについて、
問題の詳細をお知らせください。

ビジネス+ITルール違反についてはこちらをご覧ください。

通報

報告が完了しました

コメントを投稿することにより自身の基本情報
本メディアサイトに公開されます

必要な会員情報が不足しています。

必要な会員情報をすべてご登録いただくまでは、以下のサービスがご利用いただけません。

  • 記事閲覧数の制限なし

  • [お気に入り]ボタンでの記事取り置き

  • タグフォロー

  • おすすめコンテンツの表示

詳細情報を入力して
会員限定機能を使いこなしましょう!

詳細はこちら 詳細情報の入力へ進む
報告が完了しました

」さんのブロックを解除しますか?

ブロックを解除するとお互いにフォローすることができるようになります。

ブロック

さんはあなたをフォローしたりあなたのコメントにいいねできなくなります。また、さんからの通知は表示されなくなります。

さんをブロックしますか?

ブロック

ブロックが完了しました

ブロック解除

ブロック解除が完了しました

機能制限のお知らせ

現在、コメントの違反報告があったため一部機能が利用できなくなっています。

そのため、この機能はご利用いただけません。
詳しくはこちらにお問い合わせください。

ユーザーをフォローすることにより自身の基本情報
お相手に公開されます