開閉ボタン
ユーザーメニュー
ユーザーメニューコンテンツ
ログイン

関連ジャンル

  • 2013/09/10

米マイクロソフト、Windows 8.1とWindows Server 2012 R2の製品版公開 方針覆し前倒し

米マイクロソフトは9日、「Windows 8.1」と「Windows 8.1 Pro」、「Windows Server 2012 R2」の製品版(RTM:製造工程向けリリース)を、開発者向けサービスのMSDNおよびTechNetサブスクリプション購読者向けに公開した。

 マイクロソフトではこれまで、RTM版は一般販売も含めた製品の正式なリリース日である10月18日からしか提供しないとしていたが、開発者らから事前準備ができないといった反発の声があがっていた。

 そこで、マイクロソフトでは当初の方針を覆し、開発者向けに事前提供することにした。

photo
Windows 8.1の画面

 合わせて、Windows 8.1向けのアプリを開発するための統合開発環境である「Visual Studio 2013」についても、RC版(製品候補版)の一般公開を開始した

 昨今、iOSやAndroidなどと開発者の囲い込み競争が激化しており、開発者コミュニティの意向が大きな影響力を持つに至っている。今回、マイクロソフトはこうした声に歩み寄った形となった。

OS ジャンルのトピックス

OS ジャンルのIT導入支援情報

PR

ビジネス+IT 会員登録で、会員限定コンテンツやメルマガを購読可能、スペシャルセミナーにもご招待!