開閉ボタン
ユーザーメニュー
ユーザーメニューコンテンツ
ログイン

  • 2013/09/25

日立製作所、UC/BYOD対応のクラウド型電話サービス「CommuniMax/CT」を月1,890円から

日立製作所は25日、企業や行政機関などに向け、ネットワークを介して日立のデータセンターに構築した電話システムを提供するクラウド型コミュニケーションサービス「CommuniMax/CT(コミュニマックス/シーティー)」のサービスを提供すると発表した。10月1日から申し込み受付を開始し、11月1日から提供を開始する。

 「CommuniMax/CT」は、通話など基本的な電話機能について、1内線番号あたり1,890円(税込)から利用が可能な月額制のクラウド型サービス。電話環境の構築に必要なPBXや各種サーバなどの設備を企業内に保有する必要がないため、初期投資や管理コストを抑えて、企業内の電話環境の迅速な立ち上げが行えるという。

photo
クラウド型コミュニケーションサービス「CommuniMax/CT」のサービスイメージ

 今回、基本サービスに加え、各種コミュニケーションシステムを相互に連携し、企業内の生産性向上を図るユニファイドコミュニケーション(以下、UC)機能として、電話帳やコンタクトリスト、プレゼンス表示などの機能を一覧表示し、効率的に利用できるUCポータル画面を提供する。

 また、BYOD(個人所有端末の持ち込み)にも対応し、スマートフォンを利用した外出先からの内線通話が可能で、発着信履歴をスマートフォンに残さず個人情報の漏えいを防ぐことができる。さらに、これらのサービスは海外でも同様に利用することが可能になっている。

 価格は、CommuniMax/CTの基本契約料 ・基本初期契約が、1契約10万5,000円(税込)。通常発着信機能、内線・グループの登録・変更、ユーザーごとの電話機能設定が行えるBasic版が1内線あたり月額1,890円。通常発着信機能、内線・グループの登録・変更、ユーザーごとの電話機能設定に、PBXシステム冗長化対応を行った高信頼版が月額2,835円(1内線)。VPN接続に対応した高セキュリティ版は個別見積もりとなっている。

 日立では、「CommuniMax/CT」を日立クラウドソリューション「Harmonious Cloud」のラインアップの一つとして提供する。今後、各種コミュニケーション機能との連携を拡充するなど、UC機能の強化を図り、さらなるサービス強化に取り組んでいく考え。

ユニファイド(ビデオ会議・Web会議) ジャンルのトピックス

ユニファイド(ビデオ会議・Web会議) ジャンルのIT導入支援情報

ビジネス+IT 会員登録で、会員限定コンテンツやメルマガを購読可能、スペシャルセミナーにもご招待!