開閉ボタン
ユーザーメニュー
ユーザーメニューコンテンツ
ログイン

関連ジャンル

  • 2013/10/15

千葉銀行、全ATMを日立製に一本化 システム開発コストの大幅な削減を実現

日立製作所は15日、同社のATM「AKe-S」が千葉銀行において10月22日から稼働を開始すると発表した。

 日立製作所(以下、日立)のATM「AKe-S」が、千葉銀行において10月22日から稼働を開始する。「AKe-S」は、日立オムロンターミナルソリューションズが開発した製品であり、今後、千葉銀行はATMベンダーを日立に一本化し、「AKe-S」を各店舗およびキャッシュコーナーに順次導入する。

 千葉銀行のATMは、マルチベンダーでの製品採用から、日立製品採用へと一本化される。これにより、システム開発コストの削減を実現するとともに、従来以上のスピードで新機能を提供することが可能になるという。

 「AKe-S」の特長は以下の通り。

【「AKe-S」の特長】
photo
ATM「AKe-S」本体外観
・大きく見やすい文字の画面操作ボタンを採用
・さまざまな人に配慮したカラーユニバーサルデザインを採用
・LEDランプにより現金投入口などの視認性を向上
・本体側面とテーブル下の2カ所に設けたツイングリップにより、車いす利用者も使いやすい本体形状を実現
・音声案内用ハンドセットにおいて、耳にあてた状態でキーを押しやすいように形状を改善
・待機時の電力消費量を「HT-2808EX」「AK-1」に比べそれぞれ最大80%、29%削減
・製品ライフサイクル全体のCO2排出量を従来機「AK-1」に比べ、最大31%削減

ITコスト削減 ジャンルのトピックス

ITコスト削減 ジャンルのIT導入支援情報

PR

ビジネス+IT 会員登録で、会員限定コンテンツやメルマガを購読可能、スペシャルセミナーにもご招待!