開閉ボタン
ユーザーメニュー
ユーザーメニューコンテンツ
ログイン

関連ジャンル

  • 2013/12/16

米グーグルが8社目のロボット企業買収、4足歩行ロボットなど手がける米Boston Dynamics

米グーグルは、米ロボット開発を手がける米Boston Dynamicsを買収した。米New York Timesが報じた。ロボット関連では、8社目の買収になるという。

photo
 米Boston Dynamicsは、マサチューセッツ工科大学(MIT)でのロボットと人工知能研究をもとに1992年創業した。DARPA(国防高等研究計画局)の出資による4足歩行ロボット「BigDog」などの開発で知られている。DARPAのほか、米国軍やソニーなどに製品・技術提供をしているという。

 以下は時速26kmで走る4足歩行ロボット「WildCat」。


 米グーグルをはじめとするIT系企業は昨今、ロボット、あるいはスマート・マシンと呼ばれるものづくり企業への投資を進めている。

 中でもグーグルは、Androidの開発責任者だったアンディ・ルービン氏が中心になって、ロボット事業を本格化。NYTの報道によれば、既に7社を買収済みで、今回のBoston Dynamicsで8社目の買収となる。

 また、アマゾンは2012年に物流センター向け運搬ロボットを開発する「Kiva Systems」を買収しているほか、音声文字変換サービスの「Yap」(2011年)や音声認識サービスの「Evi」(2013年)を買収。また、無人機による宅配サービス「Prime Air」の実証実験を発表している。

新製品開発 ジャンルのトピックス

PR

ビジネス+IT 会員登録で、会員限定コンテンツやメルマガを購読可能、スペシャルセミナーにもご招待!