開閉ボタン
ユーザーメニュー
ユーザーメニューコンテンツ
ログイン

  • 2014/03/31

BPMNとは

【用語解説】

Business Process Model Notationの略。OMG(Object Management Group)で標準化が進められているビジネスプロセスの表記法のこと。

 OMG(Object Management Group)で標準化が進められているビジネスプロセスの表記法。人間系の業務プロセスを主な対象としており、表記が簡易なため、ユーザーにわかりやすいことが利点である。モデリングについては次の3つのレベルが想定されており、目的により使い分けることができる。

レベル1 主な業務(正規系の業務)の流れを表現し、業務フロー図として、俯瞰的な検討を主目的とするレベル

レベル2 イレギュラーな業務の流れも含め業務を詳細化し、シミュレーションなどによる定量な分析を目的とするレベル

レベル3 上記レベル2に加え、プロセスデータや外部システムとの連携を考慮し、プロトタイピングや実装を目的とするレベル


 2011年1月にはワークフロー実装、相互運用を考慮したレベル3をサポートするBPMN2.0がリリースされた。なお、OMGとは、企業、大学、非営利団体等の約370団体(2011年2月時点)が参加する非営利の国際的なコンソーシアムで、ソフトウエア技術に関する標準化に取り組んでいる。

画像
BPMの適用フェーズ



関連記事

BPM・BPR ジャンルのトピックス

BPM・BPR ジャンルのIT導入支援情報

PR

ビジネス+IT 会員登録で、会員限定コンテンツやメルマガを購読可能、スペシャルセミナーにもご招待!