開閉ボタン
ユーザーメニュー
ユーザーメニューコンテンツ
ログイン

  • 2014/09/19

SAP、経費管理の世界大手Concur(コンカー)を9000億円で買収 クラウド事業を強化

独SAPは、出張・経費精算業務を支援するクラウドサービスを手がけるコンカー・テクノロジーズを83億ドル(約9,000億円)で買収する。

 コンカーは、全世界約2万3000社、2700万人の顧客基盤を抱えており、SAPでは同社買収により顧客基盤の拡大とクラウド事業の強化を図る考え。

 コンカーでは、社員証や交通系ICカード、地図情報など出張・経費に関わる各種サービスと連携することで、従業員の経費精算業務の省力化を実現するサービスを提供してきた。日本では、2013年6月に楽天トラベルとの提携も発表していた。なお、従来からコンカーには身売りがささやかれており、SAPのほかオラクルなどにも接触していたとされる。

 買収は2014年の第4四半期から2015年第1四半期での完了を見込んでいるという。

経費削減 ジャンルのトピックス

経費削減 ジャンルのIT導入支援情報

PR

ビジネス+IT 会員登録で、会員限定コンテンツやメルマガを購読可能、スペシャルセミナーにもご招待!