開閉ボタン
ユーザーメニュー
ユーザーメニューコンテンツ
ログイン

  • 会員限定
  • 2015/02/28

クラウド総研が決済権者1000人に調査 AWS、AzureなどIaaSに投資する金額は?

企業のパブリック・クラウドに関するブランド別利用実態・意識調査(前編)

クラウド総研は、企業に勤めるICT「決済権」を持つ20代から60代の男女1000人に対してパブリッククラウド・IaaSに関する大規模調査を実施した結果を発表した。「企業のパブリック・クラウドに関するブランド別利用実態・意識調査」では、企業のIaaSに対する意識、投資額、利用用途、クラウドベンダーに対するイメージなどが浮き彫りになった。

後編はこちら。

クラウド総研の企業におけるクラウドサービスに関する調査概要

 クラウド総研は、cloudpackを提供するアイレットがクラウド導入に関する情報を定期的調査・公開する目的で設立された。

 2014年12月22日に発表された調査では、2014年度における国内クラウド市場の企業ユーザー動向調査として「企業のパブリック・クラウドに関するブランド別利用実態・意識調査」を実施。決済権を持っている企業の社員1000人にアンケートを行い、企業のパブリッククラウド・IaaSの利用実態や意識を調査している。本記事ではクラウドサービスを列挙し、グラフを参考にしながら具体的な利用状況や利用検討状況、初期投資額や月額投資額の特徴などを検討する。

【調査概要】
・クラウドサービスの利用状況/利用検討状況
・クラウドサービスの初期投資額/月額投資額の考察
・クラウドサービスの利用用途

 今回アンケート対象となったクラウドサービスは、アマゾンのAmazon Web Services、マイクロソフトのMicrosoft Azure、グーグルのGoogle App Engine/Google Compute Engine、ニフティのニフティクラウド、IIJ グローバルソリューションズのIIJグローバルソリューション、GMOクラウドのGMOクラウド、さくらインターネットのさくらのクラウド、IDCフロンティアのIDCフロンティアクラウド、その他のサービスの計9項目。

全体ではマイクロソフト、グーグルが高いシェア

 全体の利用状況を見ると、その他のサービスを除けばMicrosoft Azure、Google App Engine/Google Compute Engineがそれぞれ28.4%、24.7%と高いシェアがあることがわかった。次に11.2%でAmazon Web Servicesが続いた。

photo
利用中、または検討中のIaaSはどのサービスか?という質問に対する回答結果
(出典:クラウド総研調査)


 注目すべきは、業種別にみたときに選択するパブリッククラウド・IaaSの傾向が異なるという点だ。

画像
利用中、または検討中のIaaSはどのサービスか?という質問に対する業種別の回答結果
(出典:クラウド総研調査)


 情報通信業ではAmazon Web Servicesが全体のシェアが11%あまりなのに対して、25.5%と著しく高い数値を見せている。宿泊業・飲食サービス業、放送・新聞・出版・マスコミに関してはAmazon Web Serviceがほとんど使われていないことがわかった。

 また広告代理店・市場調査・シンクタンクに関してはAmazon Web ServicesもMicrosoft Azureは使われておらず、Google App Engine/Google Compute Engineのシェアが半数を占めていることがわかる。

パブリッククラウド・IaaSに投資する各社のコスト意識

 企業がクラウドサービスを導入、運用するにあたって初期投資額・月額投資額はどの程度なのか。

この続きは会員限定です

ここから先は「ビジネス+IT プレミアム会員」に登録の方(登録は無料)のみ、ご利用いただけます。

今すぐビジネス+IT会員にご登録ください。

すべて無料!ビジネスやITに役立つメリット満載!

  • 1

    インタビューから事例記事まで、ここでしか読めない1万本超の記事が無料で閲覧可能

  • 2

    導入事例資料や技術資料、デモ動画などを無料でダウンロード・閲覧可能

  • 3

    年間1,000本以上、会員限定のスペシャルセミナーにご招待

  • 4

    ビジネス+IT編集部が必読記事を、メールマガジンでお知らせ!

IT市場調査 ジャンルのトピックス

IT市場調査 ジャンルのIT導入支援情報

PR

ビジネス+IT 会員登録で、会員限定コンテンツやメルマガを購読可能、スペシャルセミナーにもご招待!