開閉ボタン
ユーザーメニュー
ユーザーメニューコンテンツ
ログイン

  • 会員限定
  • 2015/05/19

中小・ベンチャー企業に贈る、記事化されやすいプレスリリースに変える方法~記者視点で解説

新製品や新サービスの発表に際して各種メディアに配布するプレスリリース。新聞や大手ニュースサイトなどに取り上げられると効果的なプロモーションとなり、営業・販促ツールとしても活用できる。しかし、リリースを出せばかならず掲載されるというものでもない。どのような書き方がメディアに取り上げられやすいのだろうか。新聞社の記者の視点それをレクチャーするセミナーが開催された。

プレスリリースを利用したプロモーションとは

photo
日本工業新聞社
橋本 健氏
 「プレスリリース入門~中小・ベンチャー企業の販売促進はリリースで始まる~」と題されたセミナーは、中小企業支援の会員制サービス「イノベーションズアイ」が企画したものだ。講師は日本工業新聞社 橋本 健氏が務めた。同社は産経新聞のルーツともいえる新聞社で「フジサンケイビジネスアイ」を発行している。

 販促費や宣伝費に大きな予算をかけられない中小企業やベンチャー企業は、せっかくいい製品・サービスを開発してもそれを市場に認知させることは簡単ではない。インターネットを使えばよいという意見もあるが、近年、SNSやアプリのようなプッシュ型のメディアが主流になってくると、やはりマスメディアの力は無視できない。

画像

 通常、新聞やニュースサイトに自社製品を取り上げてもらうには、プレスリリースを配信する方法があるが、その書き方ひとつで記事化される度合いも変わってくる。効果的なプレスリリースを出すにはどうしたらいいのか、悩む中小企業は少なくない。

 セミナーでは、プレスリリースの書き方を新聞社の視点からポイントを解説する。

この続きは会員限定です

ここから先は「ビジネス+IT」の会員の方(登録は無料)のみ、ご利用いただけます。

今すぐビジネス+IT会員にご登録ください。

すべて無料!ビジネスやITに役立つメリット満載!

  • 1

    インタビューから事例記事まで、ここでしか読めない1万本超の記事が無料で閲覧可能

  • 2

    導入事例資料や技術資料、デモ動画などを無料でダウンロード・閲覧可能

  • 3

    年間1,000本以上、会員限定のスペシャルセミナーにご招待

  • 4

    ビジネス+IT編集部が必読記事を、メールマガジンでお知らせ!

Web戦略・EC ジャンルのトピックス

Web戦略・EC ジャンルのIT導入支援情報

関連リンク

PR

ビジネス+IT 会員登録で、会員限定コンテンツやメルマガを購読可能、スペシャルセミナーにもご招待!