ビジネス+IT

ビジネス課題別で探す

ITジャンル別で探す

2015年12月04日

東芝、ソニーに半導体製造事業を190億円で売却へ 約1100名がソニーで再雇用

ソニーと東芝は4日、東芝が主に大分工場内に所有する一部の半導体製造関連施設と設備、その他関連資産を、ソニーと同社の完全子会社であるソニーセミコンダクタ(以下、SCK)へ譲渡することを発表した。

 今回の譲渡により、東芝でCMOSイメージセンサーの設計などに関わっている社員と関係会社の社員およそ1100名はソニーグループで雇用されるという。

 東芝からソニー、SCKへ譲渡される設備は、主に東芝の大分工場の300mmウェーハ生産ラインの半導体製造関連施設、設備とその他関連資産で、譲渡金額は190億円。

 ソニーとSCKが譲渡を受ける大分工場の半導体製造関連施設は、譲渡完了後、SCKの製造拠点の一つとして、主にCMOSイメージセンサーの製造に使用する予定。ソニーと東芝では、この譲渡を2016年3月末日までに行う予定としている。

関連記事

M&A・提携・協業 ジャンルのトピックス

一覧へ

関連キーワード

東芝 ソニー

PR

注目のIT導入支援情報

一覧へ

注目のイベント・セミナー情報

一覧へ

イベント・セミナー情報の登録(無料)

記事アクセスランキング

イベント・セミナー情報アクセスランキング