開閉ボタン
ユーザーメニュー
ユーザーメニューコンテンツ
ログイン

  • 会員限定
  • 2016/05/13

デル会長のマイケル・デル氏が明かす、約8兆円でEMCを買収した狙い

昨年10月、約8兆円を投じてEMCを買収すると発表したデル(Dell)。EMC World Las Vegas 2016で、初日の基調講演に登壇したデルの会長マイケル・デル氏は、15年前を振り返りながら、DellとEMCによって次世代のテクノロジーカンパニーを作る決意を語りました。

Publickey 新野淳一

Publickey 新野淳一

ITジャーナリスト/Publickeyブロガー。大学でUNIXを学び、株式会社アスキーに入社。データベースのテクニカルサポート、月刊アスキーNT編集部 副編集長などを経て1998年退社、フリーランスライターに。2000年、株式会社アットマーク・アイティ設立に参画、オンラインメディア部門の役員として2007年にIPOを実現、2008年に退社。再びフリーランスとして独立し、2009年にブログメディアPublickeyを開始。現在に至る。

 5月2日から5日の4日間、米ラスベガスでEMCのプライベートイベント「EMC World Las Vegas 2016」が開催されました。

 EMCは昨年10月にDellが約8兆円で買収することが発表されています。そしてこのEMC World 2016で、初日の基調講演の主役はそのDell CEOであるマイケル・デル氏でした。

15年でコンピュータパワーが1000倍になる世界

 EMC World Las Vegas 2016の初日の基調講演。最初に壇上に姿を現したのは、EMC チェアマン兼CEOのジョー・トゥッチ(Joe Tucci)氏。

photo

 トゥッチ氏は、いま産業革命に匹敵するようなデジタル革命が進行しており、こうした変化に対応しなければならないとして、EMCによる買収を決めたと、今回の買収の背景を説明しました。

 そしてマイケル・デル氏が登場。

photo

 デル氏は、DellとEMCによって次世代のテクノロジーカンパニーを作ろうとしていると話し、15年前を振り返り始めます。

 15年前、iPodが容量5GBで登場し、インテルは最初の64ビットプロセッサであるItaniumをリリース。3Gネットワークも初めて登場したと。

photo

 ここから現在までのあいだにプロセッサやストレージ、帯域幅は爆発的に向上。当時と比べると約1000倍もの開きがあるとデル氏。

 では15年後にさらに1000倍もの向上が実現するとしたらどうなるか。

【次ページ】 「これは次の産業革命であり、非連続的な変化である」

M&A・提携・協業 ジャンルのトピックス

PR

ビジネス+IT 会員登録で、会員限定コンテンツやメルマガを購読可能、スペシャルセミナーにもご招待!