開閉ボタン
ユーザーメニュー
ユーザーメニューコンテンツ
ログイン

  • 会員限定
  • 2017/11/24

マイクロソフトの「CrystalNet」とは? Azureをすべてエミュレート

マイクロソフトはクラウドネットワーク全体を忠実にエミュレートする「CrystalNet」に関する論文を公開した。ネットワークに対する操作をエミュレータで検証可能になり、ダウンタイムの大幅削減につながるとしている。

Publickey 新野淳一

Publickey 新野淳一

ITジャーナリスト/Publickeyブロガー。大学でUNIXを学び、株式会社アスキーに入社。データベースのテクニカルサポート、月刊アスキーNT編集部 副編集長などを経て1998年退社、フリーランスライターに。2000年、株式会社アットマーク・アイティ設立に参画、オンラインメディア部門の役員として2007年にIPOを実現、2008年に退社。再びフリーランスとして独立し、2009年にブログメディアPublickeyを開始。現在に至る。



 マイクロソフトリサーチは、同社のクラウドサービスであるMicrosoft Azureのクラウドネットワーク全体を忠実にソフトウェアでエミュレートする「CrystalNet」についての論文「CrystalNet: Faithfully Emulating Large Production Networks」を公開しました

 CrystalNetの名前の由来は、未来を映し出す水晶玉(Crystal Ball)から来ているとのことです。

ざっくりと1千万台前後のサーバが接続されたクラウドネットワーク

 Microsoft Azureで稼働するサーバ台数は明らかにされていませんが、これまで公表されている数字から推測すると、1つのリージョンあたり大規模なものでおそらく60万台かそれ以上の物理サーバがあり、リージョンは現時点で全世界36箇所に存在するため、ざっくりと1千万台前後の物理サーバがあるようです。

 これらは当然ながらすべてAzureのデータセンター内ネットワーク、データセンター間のネットワーク、リージョン間のネットワークといった複雑な構成のクラウドネットワークに接続されています。

 そしてネットワークにはサーバだけでなく、ストレージ、ロードバランサーやスイッチ、ルータといったさまざまなネットワーク機器も接続されています。クラウド全体のネットワークは非常に大規模かつ複雑であることが想像できます。

大規模かつ複雑なクラウドネットワークを忠実にエミュレート

この続きは会員限定です

ここから先は「ビジネス+IT」の会員の方(登録は無料)のみ、ご利用いただけます。

今すぐビジネス+IT会員にご登録ください。

すべて無料!ビジネスやITに役立つメリット満載!

  • 1

    インタビューから事例記事まで、ここでしか読めない1万本超の記事が無料で閲覧可能

  • 2

    導入事例資料や技術資料、デモ動画などを無料でダウンロード・閲覧可能

  • 3

    年間1,000本以上、会員限定のスペシャルセミナーにご招待

  • 4

    ビジネス+IT編集部が必読記事を、メールマガジンでお知らせ!

クラウド ジャンルのセミナー

クラウド ジャンルのトピックス

クラウド ジャンルのIT導入支援情報

PR

ビジネス+IT 会員登録で、会員限定コンテンツやメルマガを購読可能、スペシャルセミナーにもご招待!