開閉ボタン
ユーザーメニュー
ユーザーメニューコンテンツ
ログイン

関連ジャンル

  • 会員限定
  • 2018/07/10

インテルからグーグル、そしてインテル新CEO? ダイアン・ブライアント氏の去就に注目

昨年末にインテルからGoogle CloudのCOOに就任したばかりのダイアン・ブライアント氏が退職すると報道されています。その理由として、不祥事で突如辞任したインテルCEOの後任となるのではないかと推測されています。

Publickey 新野淳一

Publickey 新野淳一

ITジャーナリスト/Publickeyブロガー。大学でUNIXを学び、株式会社アスキーに入社。データベースのテクニカルサポート、月刊アスキーNT編集部 副編集長などを経て1998年退社、フリーランスライターに。2000年、株式会社アットマーク・アイティ設立に参画、オンラインメディア部門の役員として2007年にIPOを実現、2008年に退社。再びフリーランスとして独立し、2009年にブログメディアPublickeyを開始。現在に至る。

 昨年2017年12月に、インテルのデータセンター部門のトップであったダイアン・ブライアント(Diane Bryant)氏がGoogleへ転職。Google CloudのChief Operating Officer(COO)に就任したことは、クラウド業界にとって大きなニュースの1つでした。

 ブライアント氏はインテル時代、データセンター部門のトップとしてビジネスの成長に大きく貢献してきただけでなく、さまざまなクラウドのイベントにも登壇し、クラウドベンダとインテルとの良好な関係をアピールする同社の顔役とも位置づけられる人物でした。Publickeyでも以下のように報じました。

関連記事

photo
「Intel Developers Forum Beijing 2013」に登壇したDiane Bryant氏

 ところが、就任から1年もしないうちに、ブライアント氏がGoogleを去るという報道がこの数日、海外で相次いでいます。

・Former Intel Executive Diane Bryant Is Leaving Google Cloud | Fortune
・Google Cloud COO Diane Bryant has left after less than a year - CNBC
・Diane Bryant leaving as Google Cloud COO after less than a year - SiliconANGLE

 ブライアント氏は、クラウド市場のシェアにおいて現在のところAWSやMicrosoft Azureに次ぐポジションにあると見られるGoogle Cloudをてこ入れすべくGoogleに迎え入れられたはずです。なぜ1年にも満たない短期間でGoogleを去るのでしょうか?

 もしかしたらブライアント氏は古巣のインテルに戻るのではないか、それも新CEOとして。そう推測されています。

インテルのCEOが不祥事で突然辞任

この続きは会員限定です

ここから先は「ビジネス+IT」の会員の方(登録は無料)のみ、ご利用いただけます。

今すぐビジネス+IT会員にご登録ください。

すべて無料!ビジネスやITに役立つメリット満載!

  • 1

    インタビューから事例記事まで、ここでしか読めない1万本超の記事が無料で閲覧可能

  • 2

    導入事例資料や技術資料、デモ動画などを無料でダウンロード・閲覧可能

  • 3

    年間1,000本以上、会員限定のスペシャルセミナーにご招待

  • 4

    ビジネス+IT編集部が必読記事を、メールマガジンでお知らせ!

クラウド ジャンルのセミナー

クラウド ジャンルのトピックス

クラウド ジャンルのIT導入支援情報

PR

ビジネス+IT 会員登録で、会員限定コンテンツやメルマガを購読可能、スペシャルセミナーにもご招待!