ビジネス+IT

ビジネス課題別で探す

ITジャンル別で探す

会員限定

2017年12月11日

Google CloudのCOOにインテルの元データセンター部門トップが就任、その狙いは?

Googleは、インテルのデータセンター部門のトップであったダイアン・ブライアント(Diane Bryant)氏がGoogle CloudのChief Operating Officer(COO)に就任したことを発表しました。

執筆:Publickey 新野淳一


photo

「Intel Developers Forum Beijing 2013」に登壇したDiane Bryant氏


 ブライアント氏はデータセンター部門のトップとしてこの分野でのインテルの成長に大きく貢献してきただけでなく、さまざまなクラウドベンダのイベントにも登壇し、クラウドベンダとインテルとの良好な関係をアピールする同社の顔でもありました。

 下記は2014年に行われたAmazon Web Servicesのイベント「re:Invent 2014」で、インテルとAWSが戦略的提携の下で開発したAWS専用のXeonプロセッサ(Haswell)を用いたインスタンスを発表したときのものです。

 左がブライアント氏、右はAmazon.com CTOのWerner Vogels氏。

photo


 ブライアント氏は製品を提供する立場から、クラウドベンダや大手企業に向けたデータセンターのビジネスをよく知る人物だったといえます。

エンタープライズ対応の強化が狙いか

 Google Cloudはかつて、技術的な先進性が高く評価されてはいたものの、エンタープライズ市場では十分な競争力を発揮できずにいました。

データセンター・ホスティングサービス... ジャンルのトピックス

一覧へ

データセンター・ホスティングサービス... ジャンルのIT導入支援情報

一覧へ

PR

注目のIT導入支援情報

一覧へ

注目のイベント・セミナー情報

一覧へ

イベント・セミナー情報の登録(無料)

記事アクセスランキング

イベント・セミナー情報アクセスランキング