開閉ボタン
ユーザーメニュー
ユーザーメニューコンテンツ
ログイン

  • 2018/08/27

Microsoft Teamsを詳細レビュー、Slackとどう違う?有償版と無償版の差は?

マイクロソフトのOffice 365ビジネスユーザー向けグループウェア、Microsoft Teamsの無償版が公開された。本記事では、Microsoft Teamsと、SlackやG Suite、Facebook、LINEなどとの違いを一覧にするとともに、Office 365ビジネスユーザー向けのMicrosoft Teams(以下、有償版)との差と、無償版の登録方法を解説する。

高見 知英

高見 知英

情報技術で地域課題の解決を図るNPO、NPO法人 まちづくりエージェントSIDE BEACH CITY.理事。横浜市内各所でのITワークショップ・講演などを行う。また、そのほかにもプログラミングや、関連書籍の執筆を行う。著書は、「Android API プログラミング・リファレンス」「よくわかるAndroidアプリ開発の教科書」「Project SienaではじめるWindowsストアアプリ開発入門」など。

画像
Microsoft Teamsの無償版。Windows版のほか、iPhone版やAndroid版アプリもある


Microsoft Teamsとは

 Microsoft Teamsとは、Microsoftが提供しているグループウェアである。

 通常、Microsoft 365やOffice 365 Business Essential/Premiumプランに提供されているツールで、チーム内でのチャットやグループでの会議、ファイルやスケジュールの管理など、チームでの活動に必要なツールがすべてここに格納されている。

画像
Microsoft Teams 有償版の画面、無償版にはない「会議」のメニューがある

Slackなどのツールとの違い

 同じような機能を提供しているツールは、他にもある。SlackやWorkplace for Facebookなどのグループ向けサービスもある。また、グループチャットだけであればFacebookメッセージやLINEのグループチャットなどを使ってもよい。

 これらツールとMicrosoft Teamsとの違いは、機能的には次の通りである。

Microsoft TeamsSlackWorkplace for FacebookG SuiteFacebookメッセンジャーLINEグループ
文章によるメッセージのやり取り
(Hangouts Chat)
文章のスレッド化
(Hangouts Chat)
××
ゲストの参加
(有料版のみ)
×
内部でのファイル管理
(アップロードのみ)

(アップロードのみ)

(アップロードのみ)

(アップロードのみ)
ビデオ通話
(有料版のみ)
ノート
(メッセージと別形式の文章保持)

(Wiki)
×
(Google Docsなど)
×
チームサイトとの連携
(有償版のみ、Sharepointがある)
××××
複数チームの作成
(複数チャンネルを作成することは可能)
×
(チームごとに別グループの作成が必要)
×
(チームごとに別グループの作成が必要)
価格
(最安値)
1ユーザー650円/月
(年間割引6480円/年)
1ユーザー850円/月1ユーザー3ドル/月1ユーザー600円/月
(年間割引6000円/年)
0円0円
無償版
(Googleツール群)
××


Microsoft Teams無償版とは

 そんなMicrosoft Teamsの無償版が、先日公表された。有償版のTeamsからは一部機能が省略されているが、Teamsの特徴であるチャットやファイル管理などの機能は、有償版と変わりなく使用することができる。

画像
Microsoft Teams 無償版の画面、主要機能がチャット・チーム・ファイルに限定されている

 無償版でも、チーム内のチャットやファイル管理機能、ビデオでの会議機能は有償版と同様に利用可能だ。小規模なチームやサークルでは、特に不便なく利用できるのではないだろうか。

無償版は有償版とどう違うのか?

 有償版との大きな違いは、次のようなものである。

  1. いくつかの追加機能(アプリ)が利用できない
  2. 会議の予定調整機能が利用できない
  3. ビデオ会議の録画を行うことができない
  4. Officeアカウントは利用できない
  5. ファイルの保存領域が異なる

 また、無償版であるためMicrosoft公式のサポートもない。これらの違いについて、以下に説明する。

1.いくつかの追加機能(アプリ)が利用できない

 Microsoft Teamsでは、さまざまな外部サービスとの連携機能を、アプリ またはタブという形で追加することができる。無償版では、次のように使える機能が制限されている(赤文字が無償版で利用できないアプリ)。

画像
Microsoft Teamsで利用できるアプリ一覧(無償版で利用できないアプリは赤字)
(筆者調べ)


2.会議の予定調整機能が利用できない

 Microsoft Teamsの有償版では、チームメンバーと時間調整を行い、会議の日程を決定するという機能がある。この機能は、Microsoft Teams無償版では利用できない(会議ボタン自体が存在しない)

画像
会議調整画面の構成

3.ビデオ会議の録画を行うことができない

 Microsoft Teamsでは、参加者内でビデオやスクリーンを共有して、会議を行う機能がある。また、この会議の内容を録画し、記録することも可能だ。

 しかし、無償版では録画機能を使うことができない。また、あらかじめ時間を指定しての会議を行うこともできないため、あらかじめ別の方法で会議の日程を確認しておく必要がある。

4.Officeアカウントは利用できない

 Microsoft Teams無償版では、Office 365 Business PremiumやBusiness Essentialに関連付いている、Officeアカウントを利用することができない。

 その代わりにMicrosoftアカウントを使用することになる。Microsoftアカウントは、既存のものを使ってもよいし、新規に作成することもできるので、どちらか好きな方法を選ぶとよいだろう。

 ただし、Office 365 Soloを契約している場合など、Microsoftアカウントをうまく利用できない場合がある。もし既存のアカウントが利用できない場合、Microsoftアカウントを作成し、それを使うのが無難だろう。

5.ファイルの保存領域が異なる

 無償版Teamsのファイル保存領域には、OneDriveやOneDrive for Businessとは別に、10GBの領域が割り当てられ、加えて、1メンバーごとに2GBが割り当てられる という形式となっている。

 ファイルの保存領域は、OneDriveやOneDrive for Businessとは完全に独立しているため、有償版のTeamsのように、PCのOneDriveアプリに設定して、PC上にファイルを同期させて利用する、などといったことができない。これは人によってはかなり不便を感じる部分かもしれない。

Microsoft Teams無償版の活用方法

 今回は、Microsoft Teams無償版と有償版の違いについて解説した。

 Microsoft Teamsは、有償版に比べると他のMicrosoft製品や外部サービス、PCとの連携機能が除かれており、ビジネスの現場ではやや使いづらいところがありそうだ。

 しかし、テキストによるチャットやファイル管理、ビデオ会議などの重要な機能はすべて整っているため、活用できるフィールドは十分にあるといえるだろう。

 タスク管理や会議の録画など、団体活動に必要なサービスが存在しないため、これらについては外部サービスやドキュメントと併用する必要があるが、それをふまえた上であれば十分使えるサービスであるといえる。

 たとえば、業務外でのサークルや、ボランティア・プロボノなどの活動、業務におけるMicrosoft Teamsの導入テストやトレーニング、またはOffice 365 Nonprofitなどの非営利法人向けプログラムの受付条件にあてはまらない非営利事業における活用ができるのではないだろうか。

Microsoft Teams無償版のサインアップとインストールについて

 なお、Microsoft Teamsの無償版のサインアップ手順は、2018年8月現在次のようになっている。やや設定が難しいところもあるため、確認してほしい。

1. Microsoft Teams無償版のサインアップ開始

 まずは、次のリンクよりMicrosoft Teamsのサインアップを開始する。サインアップに関するボタンはいくつかあるが、画面下の「無料」とかかれたボタンを選択する必要がある。

画像
インストール手順1

 Office 365 Business PremiumなどのOfficeアカウントにサインイン済みの環境では、この先の手続きに進めない場合がある。もしOfficeアカウントがすでにある環境で手続きを行う場合は、Chromeの場合は別プロファイルを作成する、それ以外の場合はプライベートウィンドウ(プライベートブラウズ)機能を利用するなどするとよいだろう。

2. 必要な情報を入力する

 Microsoft Teamsのサインアップ画面に移行できた場合、次のような画面が表示される。Microsoft Teamsで使用したいMicrosoftアカウントを使用する。

画像
インストール手順2

 すると、会社名や社員数などの情報を入力するフォームが表示される。この会社名はMicrosoft Teamsの組織名として使用されるので、間違えないようにしたい。

画像
インストール手順3

3. セットアップを完了し、アプリをインストール・起動する

 次の画面が表示されたら、Microsoft Teamsのサインアップは完了である。

画像
インストール手順4

 Microsoft Teamsは、Web画面またはデスクトップアプリで利用可能だ。好きな環境を利用しよう(macOSなどの環境ではWeb画面が利用できないことがある。画面の指示に従おう)。

グループウェア ジャンルのトピックス

グループウェア ジャンルのIT導入支援情報

PR

ビジネス+IT 会員登録で、会員限定コンテンツやメルマガを購読可能、スペシャルセミナーにもご招待!