開閉ボタン
ユーザーメニュー
ユーザーメニューコンテンツ
ログイン

  • 会員限定
  • 2018/08/27

Microsoft Teams無料版を詳細レビュー、Slackとどう違う?有償版との差は?

マイクロソフトのOffice 365ビジネスユーザー向けグループウェア、Microsoft Teamsの無償版が公開された。本記事では、Microsoft Teamsと、SlackやG Suite、Facebook、LINEなどとの違いを一覧にするとともに、Office 365ビジネスユーザー向けのMicrosoft Teams(以下、有償版)との差と、無償版の登録方法を解説する。

高見 知英

高見 知英

情報技術で地域課題の解決を図るNPO、NPO法人 まちづくりエージェントSIDE BEACH CITY.理事。横浜市内各所でのITワークショップ・講演などを行う。また、そのほかにもプログラミングや、関連書籍の執筆を行う。著書は、「Android API プログラミング・リファレンス」「よくわかるAndroidアプリ開発の教科書」「Project SienaではじめるWindowsストアアプリ開発入門」など。

画像
Microsoft Teamsの無償版。Windows版のほか、iPhone版やAndroid版アプリもある


Microsoft Teamsとは

 Microsoft Teamsとは、Microsoftが提供しているグループウェアである。

 通常、Microsoft 365やOffice 365 Business Essential/Premiumプランに提供されているツールで、チーム内でのチャットやグループでの会議、ファイルやスケジュールの管理など、チームでの活動に必要なツールがすべてここに格納されている。

画像
Microsoft Teams 有償版の画面、無償版にはない「会議」のメニューがある

Slackなどのツールとの違い

 同じような機能を提供しているツールは、他にもある。SlackやWorkplace for Facebookなどのグループ向けサービスもある。また、グループチャットだけであればFacebookメッセージやLINEのグループチャットなどを使ってもよい。

 これらツールとMicrosoft Teamsとの違いは、機能的には次の通りである。

Microsoft TeamsSlackWorkplace for FacebookG SuiteFacebookメッセンジャーLINEグループ
文章によるメッセージのやり取り
(Hangouts Chat)
文章のスレッド化
(Hangouts Chat)
××
ゲストの参加
(有料版のみ)
×
内部でのファイル管理
(アップロードのみ)

(アップロードのみ)

(アップロードのみ)

(アップロードのみ)
ビデオ通話
(有料版のみ)
ノート
(メッセージと別形式の文章保持)

(Wiki)
×
(Google Docsなど)
×
チームサイトとの連携
(有償版のみ、Sharepointがある)
××××
複数チームの作成
(複数チャンネルを作成することは可能)
×
(チームごとに別グループの作成が必要)
×
(チームごとに別グループの作成が必要)
価格
(最安値)
1ユーザー650円/月
(年間割引6480円/年)
1ユーザー850円/月1ユーザー3ドル/月1ユーザー600円/月
(年間割引6000円/年)
0円0円
無償版
(Googleツール群)
××


Microsoft Teams無償版とは

 そんなMicrosoft Teamsの無償版が、先日公表された。有償版のTeamsからは一部機能が省略されているが、Teamsの特徴であるチャットやファイル管理などの機能は、有償版と変わりなく使用することができる。

画像
Microsoft Teams 無償版の画面、主要機能がチャット・チーム・ファイルに限定されている

 無償版でも、チーム内のチャットやファイル管理機能、ビデオでの会議機能は有償版と同様に利用可能だ。小規模なチームやサークルでは、特に不便なく利用できるのではないだろうか。

無償版は有償版とどう違うのか?

 有償版との大きな違いは、次のようなものである。

  1. いくつかの追加機能(アプリ)が利用できない
  2. 会議の予定調整機能が利用できない
  3. ビデオ会議の録画を行うことができない
  4. Officeアカウントは利用できない
  5. ファイルの保存領域が異なる

 また、無償版であるためMicrosoft公式のサポートもない。これらの違いについて、以下に説明する。

1.いくつかの追加機能(アプリ)が利用できない

 Microsoft Teamsでは、さまざまな外部サービスとの連携機能を、アプリ またはタブという形で追加することができる。無償版では、次のように使える機能が制限されている(赤文字が無償版で利用できないアプリ)。

画像
Microsoft Teamsで利用できるアプリ一覧(無償版で利用できないアプリは赤字)
(筆者調べ)


2.会議の予定調整機能が利用できない

 Microsoft Teamsの有償版では、チームメンバーと時間調整を行い、会議の日程を決定するという機能がある。この機能は、Microsoft Teams無償版では利用できない(会議ボタン自体が存在しない)

画像
会議調整画面の構成

【次ページ】Microsoft Teams無償版の活用方法と導入時のコツ

グループウェア ジャンルのトピックス

グループウェア ジャンルのIT導入支援情報

PR

ビジネス+IT 会員登録で、会員限定コンテンツやメルマガを購読可能、スペシャルセミナーにもご招待!