開閉ボタン
ユーザーメニュー
ユーザーメニューコンテンツ
ログイン

  • 会員限定
  • 2019/06/21

伊福精密 社長を直撃、3D金属プリンタで「金型レス」にいち早く取り組んだ理由

連載:第4次産業革命のビジネス実務論

3D金属プリンタなどを積極的に活用し「金属加工の駆け込み寺」「基礎加工技術と金属プリンタのワンストップサービス」を目指す取り組みを進めている伊福精密。同社は、ワイヤーカット加工、型彫放電加工、NC細穴放電加工、マシニングセンタ、切削加工機などを用い、さまざまな材料での精密加工、金型部品加工を主たる業務としています。高度な切削加工技術や3D金属プリンタを用いて、「金型レス」のものづくりでどのように顧客の課題解決をしているのか。伊福元彦 社長に直接お聞きしました。

東芝デジタルソリューションズ 福本 勲

東芝デジタルソリューションズ 福本 勲

東芝デジタルソリューションズ ICTソリューション事業部 担当部長
東芝 デジタルイノベーションテクノロジーセンター 参事
中小企業診断士、PMP(Project Management Professional)
1990年3月 早稲田大学大学院修士課程(機械工学)修了。1990年に東芝に入社後、製造業向けSCM、ERP、CRMなどのソリューション事業立ち上げやマーケティングに携わり、現在はインダストリアルIoT、デジタル事業の企画・マーケティング・エバンジェリスト活動などを担うとともに、オウンドメディア「DiGiTAL CONVENTiON」の編集長をつとめる。2015年よりインダストリアル・バリューチェーン・イニシアティブ(IVI)正会員となり、教育普及委員会副委員長、エバンジェリストなどをつとめる。その他、複数の団体で委員などをつとめている。主な著書に『デジタル・プラットフォーム解体新書』『デジタルファースト・ソサエティ』(いずれも共著)がある。その他Webコラムなどの執筆や講演など多数。

画像
神戸にある3D金属造形サービスなどを手がける伊福精密
(写真:筆者撮影)

「金型レス」にいち早く取り組んだ、神戸市の製造会社

 伊福精密は、試作品・量産品の製作、冶工具・金型の設計製作、難加工材の工法開発、新素材の加工方法の研究、製品測定事業などを手掛ける、社員数45名の神戸市の製造業者です。

photo
伊福精密
伊福元彦 社長
(写真:筆者撮影)
 2007年にはDMG森精機主催の「第4回切削加工ドリームコンテスト」で金賞を受賞、2017年には兵庫県知事から「経営革新」事業所に認定され、2018年には兵庫県から「ひょうご成長期待企業」に認定されるなど、その技術力と将来性は高く評価されています。

photo
3D金属プリンターでないと加工できないモノの例(メビウスの輪)
(写真:筆者撮影)
photo
3D金属プリンターでないと加工できないモノの例(金属布製のコマ)
(写真:筆者撮影)
画像
3D金属プリンターでないと加工できないモノの例(龍)
(写真:伊福精密提供)

 その前身は1970年に旋盤加工業としてスタートした「伊福工作所」です。兵庫県内ではいち早くワイヤーカット放電加工機を導入し、この分野で高度な技術力を有しています。先端的な取り組みも進めていて、ワイヤーカット工程などではロボットを用いたワークの自動交換システムを導入、「無人運転で月平均の設備稼働650時間」を実現して、安定した生産量を確保しました。

 同社の製造拠点は、日本の神戸と、中国の上海と蘇州の間にある江蘇省昆山市にある昆山伊福谷精密机械(2010年設立)からなります。

 同社の強みは多品種・少量生産や試作に対応していることで、試作で加工設備(9種49台)、検査設備(6種9台)などを用いて、月産40万個の自動車部品や、各種産業向け精密機械部品の単品試作から量産製造まで行っています。注文の中には、3年置きに1個といった極小ロットのものまであるそうです。

 このような強みを生かし、顧客の「困った」を技術と工夫でクリアしています。たとえば、同社では1カ月に23製品と多品種にわたるゴルフクラブ(アイアン)のヘッドを製造していますが、生産量は600本しかなく、金型を製造しているとコスト高になってしまうそうです。そこで、ゴルフクラブメーカーと協力して、MC(マシニングセンタ)加工設備にて同一鍛造素材から多品種・少量の製品を作る取り組みを行っています。

 また、3D金属プリンタを用いた「金型レス」の製造にも早くから取り組んでいます。写真のように、切削加工では製造できない形状の製品については3D金属プリンタを積極的に利用しています(実際の納入品は掲載できないためサンプル製品を掲載)。

 また、特に中国現地法人では精密工具研削機などの工具はできる限り、内製品を利用しています(中国現地法人では約6割が内製)。消耗品である工具の納期、コストなどの変動要素の削減が目的だと言います。

組織の壁を取り払い、3D金属プリンタを用いたものづくりを実現

画像
3D金属プリンターはConcept Laser製。他にSodick製などもある。主な利用素材はステンレス、チタン、アルミ、マレージング鋼など
(写真:筆者撮影)

 従来のものづくり企業では、設計・製造・検査などが別組織の場合が多く、組織間の役割分担によりものづくりが行われていましたが、3D金属プリンタを用いたものづくりでは、これらの組織の壁を取り払うことが必要です。マスカタマイゼーションを容易に行えるという特徴がある3D金属プリンタでは、設計時点で強度などもわかるようにすることが望ましく、特に設計と製造の組織間の壁は致命的になります。また、検査の知見がないと、強度などの情報がフィードバックできません。

 伊福精密では、3D金属プリンタや3D-CADはネットワーク(伊福精密ではデジタル製造ネットワークと呼ぶ)で接続され、設計情報、製造との間でのシームレスかつ相互のデータ活用を実現しています。

画像
工程の見える化。各機械の稼働状況や進捗の予実情報が見えるようになっている
(写真:筆者撮影)

【次ページ】「金属加工の駆け込み寺」を目指して取り組んでいること

お勧め記事

3Dプリンタ・プリンタ・複合機 ジャンルのトピックス

3Dプリンタ・プリンタ・複合機 ジャンルのIT導入支援情報

PR

ビジネス+IT 会員登録で、会員限定コンテンツやメルマガを購読可能、スペシャルセミナーにもご招待!