開閉ボタン
ユーザーメニュー
ユーザーメニューコンテンツ
ログイン

  • 会員限定
  • 2019/11/11

Kafka開発元に聞く、「OSSのいいとこ取り」をする大手クラウドとの現在の関係

分散メッセージングシステムのKafkaは、ビッグデータの処理基盤として欠かせないソフトウェアの1つです。そのKafkaの開発者であり開発元のConfluent共同創業者であるJun Rao氏と、同社シニアディレクタのTim Attwood氏がNTTデータ テクノロジーカンファレンス2019に合わせて来日しました。お二人に、Kafkaがここまで成功してきた要因、そして大手クラウドベンダに反発してオープンソースのライセンス変更に及んだ後のクラウドベンダとの関係について、現在の認識を聞きました。

新野淳一(本記事は「Publickey」より転載)

新野淳一(本記事は「Publickey」より転載)

ITジャーナリスト/Publickeyブロガー。大学でUNIXを学び、株式会社アスキーに入社。データベースのテクニカルサポート、月刊アスキーNT編集部 副編集長などを経て1998年退社、フリーランスライターに。2000年、株式会社アットマーク・アイティ設立に参画、オンラインメディア部門の役員として2007年にIPOを実現、2008年に退社。再びフリーランスとして独立し、2009年にブログメディアPublickeyを開始。現在に至る。

画像
Confluent共同創業者Jun Rao氏

Kafkaの成功要因はビッグデータ時代との合致、ソフトウェアの完成度

──Kafkaはビッグデータ処理のシステムで非常に良く利用されていて、分散メッセージングシステムの分野のデファクトスタンダードとして成功しているソフトウェアだとされていますが、成功した要因とはなんだと思いますか?

Rao氏:理由はいくつかあると思います。まず、大規模データ処理への要求が拡大する時代にKafkaが合致していたということ、ノントランザクショナルなデータ処理への必要性が高まっていたこと、そしてノントランザクショナルデータ処理には新しいプラットフォームが必要で、Kafkaはそういったプラットフォームが必要だと多くの人が気づく前にオープンソースソフトウェアとして登場したこと、だと考えています。

 また、Kafkaはオープンソースとしてリリースされる以前にLinkedInの社内でかなりのワークロードに試されていて、十分に使えるものであったこと。Apache Software Foundationのオープンソースの1つとしてリリースされたことも普及を促進した一因ではないでしょうか。

──企業向けのシステムを開発しているソフトウェアデベロッパーは、まだKafkaのようなソフトウェアには馴染みがないのが現状だと思います。これからKafkaがエンタープライズ向けに浸透していくとすれば、どのような形になると考えていますか?

この続きは会員限定です

ここから先は「ビジネス+IT」の会員の方(登録は無料)のみ、ご利用いただけます。

今すぐビジネス+IT会員にご登録ください。

すべて無料!ビジネスやITに役立つメリット満載!

  • 1

    インタビューから事例記事まで、ここでしか読めない1万本超の記事が無料で閲覧可能

  • 2

    導入事例資料や技術資料、デモ動画などを無料でダウンロード・閲覧可能

  • 3

    年間1,000本以上、会員限定のスペシャルセミナーにご招待

  • 4

    ビジネス+IT編集部が必読記事を、メールマガジンでお知らせ!

オープンソースソフトウェア ジャンルのトピックス

オープンソースソフトウェア ジャンルのIT導入支援情報

PR

ビジネス+IT 会員登録で、会員限定コンテンツやメルマガを購読可能、スペシャルセミナーにもご招待!