開閉ボタン
ユーザーメニュー
ユーザーメニューコンテンツ
ログイン

  • 会員限定
  • 2020/05/29

マイクロソフトのRPA「Power Automate」をわかりやすく解説、脱Excelできるのか?

Microsoft Power Platformとは、マイクロソフトがビジネスユーザー向けに提供している業務アプリケーションプラットフォームの総称である。Power Platformは「Power Automate」「Power Apps」「Power BI」「Power Virtual Agents」の4つで構成されている。今回はその一つ「Power Automate」で何ができるのか、無料試用版とOffice 365付属プランとの違い、さらにこれを使った実践的な利用方法について解説しよう(2020年2月6日公開、2020年5月29日更新)。

高見 知英

高見 知英

情報技術で地域課題の解決を図るNPO、NPO法人 まちづくりエージェントSIDE BEACH CITY.理事。横浜市内各所でのITワークショップ・講演などを行う。また、そのほかにもプログラミングや、関連書籍の執筆を行う。著書は、「Android API プログラミング・リファレンス」「よくわかるAndroidアプリ開発の教科書」「Project SienaではじめるWindowsストアアプリ開発入門」など。

画像
マイクロソフトのPower Automateは自動化を実現するツールだ

Power Automateとは何か

 Power Automateとは、マイクロソフトが提供するPower Platformの一つで、複数のWebサービスや社内システムをつなげ、定義したワークフローに従って、連携動作を実現させるWebサービスである。

 かつてはMicrosoft Flowという名前でサービスが提供されており、2020年2月現在も一部にはMicrosoft Flowまたは単にFlowという呼称が残っているが、「Microsoft Ignite 2019」でRPA機能「UI flows」が追加され、Power Automateとリブランディングされた形だ(マイクロソフトの発表)。

 ベースとなったFlowは一般的なWebサービスの中では、IFTTTやZapierなどが近く、特定のWebサービスや、社内での操作、指定した日時になるなど、なんらかのきっかけ(トリガー)を元に、別のWebサービスや社内システムの操作、ユーザーへの通知などの動作(アクション)を行うフローを作成することができる。

 アクションはWebサービスごとにコネクタとしてまとめられており、このコネクタから、目的のアクションを選択し、実行することで、さまざまなWebサービスを操作することが可能となっている。

基本的な利用方法

 Power Automateは、Office 365のビジネスアカウントを利用するユーザーであれば、プランによっては追加費用なく、すぐに利用が可能だ。Office 365のアプリケーションメニューから「Power Automate」を選べばよい。

画像
アプリケーションメニュー

無料版の利用方法

 Power Automateは、Office 365の各ビジネス向けプランに付属するサービスでもあるが、それがなくても無償で試用することが可能だ。

 Power Automateの無料版は、こちらにアクセスし、画面右上の「無料で試す」を選択して、現在自分が利用可能なメールアドレスを入力して、矢印ボタンを押すだけで招待メールが届き、これに従って操作すれば利用できる。

画像
Power Automateの無料サインアップ

Office 365付属サービスとの違い

 Office 365付属のサービスとの違いは、フローの実行回数と利用可能な項目数にある(2020年2月時点)。
  • ・作成できるフローの個数は250個まで
  • ・作成できるカスタムコネクタの数は15個まで
  • ・接続できるサービスの数は20個まで

 その他、チーム内での利用に関するサービスが利用できないため、SharePointとの連携や前述した上長からの承認を得る処理など、一部コネクタの利用が行えない点にも注意したい。

 詳細については、マイクロソフトの課金と使用状況の測定に関する質問のページを確認してほしい。

 また、利用は個人での利用に限定され、アプリケーションの組織内共有などの機能が利用できないため、あくまで試用用途などに留めておきたい。

Power Automate単体の料金

 また、Office 365に付属のPower Automateでも、若干の機能制限がある。Power Automate独自のデータ保存領域であるCommon Data Serviceの利用や、フローの実行間隔、一部コネクタ(Premiumコネクタ)などの利用だ。

 これらの制限を解除する場合には、別途Power Automateプランの購入が必要となる。 このプランは、2020年2月時点で、次の2つがある。
  • ・個人のユーザーに制限解除されたフロー作成の権利を与えるユーザーごとのプラン:1,637円/月
  • ・任意のフローの制限を解除する、フローごとのプラン:5万4,555円/月

 これらについては今後変更される可能性がある。詳しくは同社サイトを確認すると良いだろう。

【次ページ】Power Automateの具体的な利用方法

業務効率化 ジャンルのセミナー

業務効率化 ジャンルのトピックス

業務効率化 ジャンルのIT導入支援情報

PR

ビジネス+IT 会員登録で、会員限定コンテンツやメルマガを購読可能、スペシャルセミナーにもご招待!