開閉ボタン
ユーザーメニュー
ユーザーメニューコンテンツ
ログイン

  • 会員限定
  • 2021/02/26

Excelの数式は新機能「Lambda関数」によって“プログラミング言語”となる

マイクロソフトCEOのサティア・ナデラ氏は、Excelの新機能である「Lambda関数」の登場をとりあげ、「世界で最も人気のあるプログラミング言語、Excelの数式が、チューリング完全になった」とツイートしました。

新野淳一(本記事は「Publickey」より転載)

新野淳一(本記事は「Publickey」より転載)

ITジャーナリスト/Publickeyブロガー。大学でUNIXを学び、株式会社アスキーに入社。データベースのテクニカルサポート、月刊アスキーNT編集部 副編集長などを経て1998年退社、フリーランスライターに。2000年、株式会社アットマーク・アイティ設立に参画、オンラインメディア部門の役員として2007年にIPOを実現、2008年に退社。再びフリーランスとして独立し、2009年にブログメディアPublickeyを開始。現在に至る。

photo
Excelの新機能「Lambda関数」によって「Excelの数式がチューリング完全になった」とナデラCEO。プログラミング言語としてのExcel数式であらゆる計算が可能に
(Photo/Getty Images)


 Lambda関数は、上記のツイートが示す図にあるように、Excelがすでに備えている式や関数を組み合わせて、ユーザーが新たな関数を定義できる機能を提供します。これが今月に入り、Excelで利用可能になりました。

 一方、「チューリング完全」とは、おおまかに言えば、コンピュータで計算できるあらゆる計算を表現できること、ということになります。

 一般に、プログラミング言語はチューリング完全であり、ExcelもマクロやVBAなどExcelに備わっているプログラミング言語を利用すれば以前からチューリング完全の状態でした。

 しかし今回ナデラ氏がツイートしたのは、そうしたプログラミング言語を用いず、Excelのセルに入力される数式だけでチューリング完全を満たした、ということなのです。

 しかもナデラ氏は「世界で最も人気のあるプログラミング言語の」と、あたかもExcelの数式がプログラミング言語であるように表現しています。これはどういうことでしょう?

Excel数式をプログラミング言語とみなすための「チューリング完全」

 実は、マイクロソフトは以前からExcelの数式をプログラミング言語と見なし、そのための機能追加を行ってきたのです。

 マイクロソフトリサーチが1月25日付で公開したブログ「LAMBDA: The ultimate Excel worksheet function」では、プログラミング言語としてのExcelの数式について次のように書かれています。

 Despite its success, considered as a programming language Excel has fundamental weaknesses. Over the years, two particular shortcomings have stood out: (1) the Excel formula language really only supported scalar values—numbers, strings, and Booleans—and (2) it didn’t let users define new functions.

 その成功にもかかわらず、プログラミング言語としてExcelを見なそうとすると根本的な問題があった。長年にわたり、特に次の2つの欠点が際立っていたのだ。(1)Excel数式言語には、実際にはスカラー値、つまり数字、文字列、ブール値しかサポートしていない。(2)ユーザーが新しい関数を定義できない。

 ここで指摘された「プログラミング言語として見なしたExcelの数式」の2つの欠点うち、(1)のスカラー値しかサポートしていない点については、このブログが公開される2か月前の2020年11月、新機能「Custom Data Types」がExcelに搭載され、解決されています。

参考:Excelに新機能「Custom Data Types」登場。セルをキーにしてさまざまな情報を参照。ユーザー独自の定義も可能に

 そして(2)の、ユーザーが新しい関数を定義できないという欠点も、今回のLambda関数の導入によって解決されました。

 これによってExcelの数式は、プログラミング言語であれば満たしているチューリング完全となりました。

Excelの数式が多くの人にとってより強力な武器となる

この続きは会員限定です

ここから先は「ビジネス+IT プレミアム会員」に登録の方(登録は無料)のみ、ご利用いただけます。

今すぐビジネス+IT会員にご登録ください。

すべて無料!ビジネスやITに役立つメリット満載!

  • 1

    インタビューから事例記事まで、ここでしか読めない1万本超の記事が無料で閲覧可能

  • 2

    導入事例資料や技術資料、デモ動画などを無料でダウンロード・閲覧可能

  • 3

    年間1,000本以上、会員限定のスペシャルセミナーにご招待

  • 4

    ビジネス+IT編集部が必読記事を、メールマガジンでお知らせ!

Office、文書管理・検索 ジャンルのトピックス

Office、文書管理・検索 ジャンルのIT導入支援情報

ビジネス+IT 会員登録で、会員限定コンテンツやメルマガを購読可能、スペシャルセミナーにもご招待!