• 会員限定
  • 2022/08/01 掲載

電動自転車やドローン活用、アマゾンらが取り組む「ラストマイルデリバリー」とは

記事をお気に入りリストに登録することができます。
アマゾンやUPSなどロジスティクスに携わる企業の間で「ラストマイルデリバリー」に関する取り組みが活発化している。これらの取り組みでは、ドローンやデリバリーロボットなどのハイテク分野に目が向きがちだが、アマゾンやUPSは「電動自転車」を活用した新たな配送方法を導入し、注目を集めている。各社が取り組むラストマイルデリバリーとはどのようなものなのか、最新動向を解説する。

執筆:細谷 元

執筆:細谷 元

バークリー音大提携校で2年間ジャズ/音楽理論を学ぶ。その後、通訳・翻訳者を経て24歳で大学入学。学部では国際関係、修士では英大学院で経済・政治・哲学を専攻。国内コンサルティング会社、シンガポールの日系通信社を経てLivit参画。興味分野は、メディアテクノロジーの進化と社会変化。2014〜15年頃テックメディアの立ち上げにあたり、ドローンの可能性を模索。ドローンレース・ドバイ世界大会に選手として出場。現在、音楽制作ソフト、3Dソフト、ゲームエンジンを活用した「リアルタイム・プロダクション」の実験的取り組みでVRコンテンツを制作、英語圏の視聴者向けに配信。YouTubeではVR動画単体で再生150万回以上を達成。最近購入したSony a7s3を活用した映像制作も実施中。
http://livit.media/

photo
アマゾンなどが取り組む、ラストマイルデリバリーについて解説する
(出典:Amazon News

アマゾン、ロンドンで電動自転車導入へ

 ロジスティクス分野ではこの数年ラストマイルデリバリーを強化する取り組みが活発化している。

 その取り組みの多くは、デリバリードローンや自律走行車の開発などいわゆるハイテク領域のものだが、同領域に頼らない取り組みも存在する。

 アマゾンが2022年7月に英ロンドンでローンチした「マイクロモビリティ・ハブ」がその好例といえるだろう。


 マイクロモビリティ・ハブとは、アマゾンがセントラル・ロンドンに開設したデリバリーハブで、電動カーゴ自転車による配達を前提とする施設だ。

 アマゾンは現在、2030年までに全デリバリーにおける50%をネットゼロにする「Shipment Zero」を掲げており、電動バンの導入などを積極的に進めている。マイクロモビリティ・ハブはこの取り組みの一貫で実施され、電動カーゴ自転車による排出ゼロのラストマイルデリバリーの実現を目指す。

 現時点における英国でのアマゾンの電動バン導入数は1,000台以上。2021年英国で電動バンによって配達された荷物の数は、4,500万個を上回ったという。

 一方、アマゾンは今回ローンチしたマイクロモビリティ・ハブと電動カーゴ自転車によって年間100万件以上の配達を実現したい考えだ。

 アマゾンが今回導入する電動カーゴ自転車は、英オックスフォードシャーの企業EAVが開発した4輪モデル。英国内では、Eコマース大手Ocadoが2021年にトライアルを実施するなど、すでにいくつかの企業で導入の試みが進んでいる。

 アマゾンはShipment Zeroの名の下、ラストマイルデリバリー以外の領域でも投資を進めている。

 2022年3月には、英国で完全電動の37トントラックを5台導入することを発表。英ティルベリーとミルトンキーンズのフルフィルメントセンターからの配送で活用される。

画像
アマゾンが導入した電動トラック
(出典:Amazon News

 現在、アマゾンの大型配送トラックはディーゼル車がメインだが、段階的に電動トラックに切り替えていく計画だ。2022年末までには、今回導入される5台に4台が加わり計9台になる見込みだという。

 大型電動トラックを供給するのは、オランダのトラックメーカーDAFだ。アマゾンが導入するモデルは、350キロワットのバッテリーを搭載しており、最大220キロメートルの走行が可能だという

UPSも英米で電動自転車導入

 ラストマイルデリバリーで電動カーゴ自転車を導入しているのはアマゾンだけではない。

 貨物運送業を手掛ける米UPSは2022年4月、ロンドンで電動カーゴ自転車「eQuad」を試験的に導入することを発表。二酸化炭素排出の削減、交通渋滞の緩和を実現しつつ、ラストマイルデリバリーを強化するのが目的だという。同社は、2050年までにカーボンニュートラル100%の達成を目指しており、電動カーゴ自転車は、それに向けた重要なステップになるとみられている。

 今回UPSが導入する電動カーゴ自転車を提供するのは、2013年創業の英スタートアップFernhay。UPSが試験導入する「eQuad」は、縦3メートル、幅84センチメートルの大きさで、自転車レーンと歩道を走行できるコンパクトさを売りとする。最大積載量は210キロで、1回の充電で60キロメートルの走行が可能だ。

画像
UPSが英国で導入したeQuad
(出典:AFP/アフロ)

 UPSが英国で始めた取り組みは、米国でも広がるかもしれない。

 Observerの2022年6月22日の報道によると、UPSは英国で試験導入している「eQuad」をニューヨークでも導入し、都市部でのラストマイルデリバリーを補完する構えだという。

 現在、マンハッタンでは400台以上のUPSトラックが走っているが、このところ駐車違反が深刻化している。電動カーゴ自転車の導入で、駐車違反コストも圧縮されることが期待される。2019年、ニューヨーク市だけで、UPSは駐車違反の罰金として2,300万ドル(約31億円)を支払ったと報じられている。同社は、ニューヨークでのトライアルが成功すれば、米国の他の都市でも電動カーゴ自転車を導入する計画だ。

 このほか、米国ではドミノ・ピザが電動自転車メーカーRad Power Bikesと提携し、電動自転車によるデリバリーを数都市で試みているほか、FedExがロンドンで電動自転車による配達を実施するなど、ラストマイルデリバリーで電動自転車を活用する事例は枚挙にいとまがない。

【次ページ】空からの配達も取り組み進む

関連タグ

あなたの投稿

関連コンテンツ

PR

処理に失敗しました

トレンドタグ

おすすめユーザー

会員登録で動画、資料に使えるホワイトペーパー、オンラインセミナー年間500本など、会員限定記事が​閲覧できる!​

投稿したコメントを
削除しますか?

あなたの投稿コメント編集

機能制限のお知らせ

現在、コメントの違反報告があったため一部機能が利用できなくなっています。

そのため、この機能はご利用いただけません。
詳しくはこちらにお問い合わせください。

通報

このコメントについて、
問題の詳細をお知らせください。

ビジネス+ITルール違反についてはこちらをご覧ください。

通報

報告が完了しました

コメントを投稿することにより自身の基本情報
本メディアサイトに公開されます

必要な会員情報が不足しています。

必要な会員情報をすべてご登録いただくまでは、以下のサービスがご利用いただけません。

  • 記事閲覧数の制限なし

  • [お気に入り]ボタンでの記事取り置き

  • タグフォロー

  • おすすめコンテンツの表示

詳細情報を入力して
会員限定機能を使いこなしましょう!

詳細はこちら 詳細情報の入力へ進む
報告が完了しました

」さんのブロックを解除しますか?

ブロックを解除するとお互いにフォローすることができるようになります。

ブロック

さんはあなたをフォローしたりあなたのコメントにいいねできなくなります。また、さんからの通知は表示されなくなります。

さんをブロックしますか?

ブロック

ブロックが完了しました

ブロック解除

ブロック解除が完了しました

機能制限のお知らせ

現在、コメントの違反報告があったため一部機能が利用できなくなっています。

そのため、この機能はご利用いただけません。
詳しくはこちらにお問い合わせください。

ユーザーをフォローすることにより自身の基本情報
お相手に公開されます