• 会員限定
  • 2022/10/27 掲載

“安くてうまい”はあり得ない…茨城No.1カフェ「サザコーヒー」流、老舗の生存戦略

連載:大手企業に勝つ地方企業

記事をお気に入りリストに登録することができます。
茨城県内で圧倒的な支持と人気を誇るサザコーヒー。今は東京、新橋、品川などにも店舗を構え、地方のカフェとは思えない存在感だ。1969年に個人系カフェからスタートした同社だが、なぜ「多産多死の業態」、「3年持つ店は半数」ともいわれるカフェ業界を生き抜いてこられたのか。後編では、サザコーヒーが単なる「昭和の個人喫茶店」で終わらなかった3つの理由について、創業者・鈴木誉志男氏に話を聞いた。

聞き手・執筆:経済ジャーナリスト・経営コンサルタント 高井 尚之、写真:吉成 大輔

聞き手・執筆:経済ジャーナリスト・経営コンサルタント 高井 尚之、写真:吉成 大輔

経済ジャーナリスト・経営コンサルタント 高井 尚之
学生時代から在京スポーツ紙に連載を始める。卒業後、日本実業出版社の編集者、花王情報作成部・企画ライターを経て2004年から現職。「現象の裏にある本質を描く」をモットーに、「企業経営」「ビジネス現場とヒト」をテーマにした企画・執筆・講演多数。近著に『20年続く人気カフェづくりの本』(プレジデント社)などがある。

photo
サザコーヒー 創業者・代表取締役会長
鈴木 誉志男氏
東洋大学卒業後、東京楽天地で映画の興行プロデューサーを務め、帰郷。鈴木氏の父・富治氏が社長を務めた「勝田宝塚劇場」という映画館(1942年開業、1984年閉業)が、テレビ放送に押されて冬の時代となり、1969年に新規事業として喫茶店「且座(サザ)コーヒー」を開業した。店名の由来は、臨済宗の「且座喫茶」から、「さあ、座ってお茶を飲んでください」という意味だ。禅の心でコーヒー提供を目指した原点が、今も息づいている

「1本980円のアイスコーヒー」が、年間10万本単位で売れる秘密

「今年の夏もアイスコーヒーがよく売れました。自宅用や贈答用に『ネルドリップアイスコーヒー』(1本660円)や『将軍冷珈琲』(同980円)という1リットルタイプが人気です。他社の商品に比べて3倍以上しますが、近年は驚くほど売れています」(鈴木会長)

 創業50年、コーヒー豆への徹底的なこだわりを持ってきた鈴木会長はこう語る。販売本数は企業秘密だが、年間10万本単位で売れる。国内店舗数は15店、ネット販売もあるとはいえ、企業規模を考えると驚異的な数字だ。どんな作り方をしているのだろうか。

画像
年間10万本単位で売れるアイスコーヒー。香りがある高級な豆を使用する(サザコーヒー提供)

「日本の一般的なアイスコーヒーは、氷を入れて冷やすため香りは出ません。だから香りは必要なく、コクのある豆を選ぶのが業界の決まりごとです。

 サザコーヒーのアイスコーヒーは、それとは違うやり方です。まず豆は、ブラジルやグアテマラ産の高級豆の『アラビカ』を使います。香りが出るよう焙煎(ばいせん)にもこだわり、抽出も国内2カ所の抽出工場で味合わせを繰り返します。

 また、『抽出されたコーヒーと牛乳を1:1で割ってもコーヒーの味がする』のもコンセプトで、それほど濃厚につくっています。氷を入れて薄めても濃さが感じられるのです」

 ちなみに、660円と980円の商品の違いは、「コーヒー豆の種類の差、フィルターの差もあり、980円のほうが使うコーヒーの量も多い」という。

「最近は冬でも売れます。お客さんがレンジで温めて飲まれるのです。特に推奨していませんが、サザコーヒーのアイスは、温めると香りが際立つので喜ばれているようです」

渋沢栄一が味わったコーヒーを再現、その味わいとは

 現在、鈴木氏は地元・茨城県にちなんだコーヒーを次々に開発する。史実を踏まえた商品開発が得意で実績もある。最近では、2021年1月発売の「渋沢栄一仏蘭西珈琲物語」(1杯取り×5袋は税込み1,000円)が大ヒットした。

「渋沢栄一は、幕末までは徳川慶喜に仕えた幕臣でした。慶喜の弟で最後の水戸藩主だった昭武に随行して、1867年に渡仏しています。欧州歴訪中にコーヒーを飲んだ記録もあり、商品は当時のフランスで使われていたエチオピアとイエメン産のモカを用い、深いりのフレンチローストにしました」

photo
明治財界をけん引した存在として話題の渋沢栄一だが、茨城にゆかりがある人物。千葉県松戸市にある戸丈歴史館の資料を踏まえ、彼が味わったコーヒーを忠実に再現した

 NHKの大河ドラマ『青天を衝け』も商品の売れゆきを後押しした。2021年7月11日放送の同番組では、渋沢らが滞在先のパリのアパルトマン(アパート)でコーヒーを抽出するシーンがあった。実は、ここで使われたコーヒー器具や食器を提供し、コーヒー監修をしたのも鈴木氏だ。放送後は本店にその器具や食器が飾られており、来店客の注目を集めていた。

photo
『青天を衝け』で使われたコーヒー器具や食器も放送終了後、本店に展示されていた(筆者撮影)

 ちなみに渋沢栄一のコーヒーは、大河ドラマや新一万円札人気を当て込んで商品開発したが、番組との関わりは意図しておらず、「ご縁があって依頼された」そうだ。

【次ページ】コーヒーは「舌とアタマで楽しむ」、ストーリー戦略

関連タグ

あなたの投稿

関連コンテンツ

PR

処理に失敗しました

トレンドタグ

おすすめユーザー

会員登録で動画、資料に使えるホワイトペーパー、オンラインセミナー年間500本など、会員限定記事が​閲覧できる!​

投稿したコメントを
削除しますか?

あなたの投稿コメント編集

機能制限のお知らせ

現在、コメントの違反報告があったため一部機能が利用できなくなっています。

そのため、この機能はご利用いただけません。
詳しくはこちらにお問い合わせください。

通報

このコメントについて、
問題の詳細をお知らせください。

ビジネス+ITルール違反についてはこちらをご覧ください。

通報

報告が完了しました

コメントを投稿することにより自身の基本情報
本メディアサイトに公開されます

必要な会員情報が不足しています。

必要な会員情報をすべてご登録いただくまでは、以下のサービスがご利用いただけません。

  • 記事閲覧数の制限なし

  • [お気に入り]ボタンでの記事取り置き

  • タグフォロー

  • おすすめコンテンツの表示

詳細情報を入力して
会員限定機能を使いこなしましょう!

詳細はこちら 詳細情報の入力へ進む
報告が完了しました

」さんのブロックを解除しますか?

ブロックを解除するとお互いにフォローすることができるようになります。

ブロック

さんはあなたをフォローしたりあなたのコメントにいいねできなくなります。また、さんからの通知は表示されなくなります。

さんをブロックしますか?

ブロック

ブロックが完了しました

ブロック解除

ブロック解除が完了しました

機能制限のお知らせ

現在、コメントの違反報告があったため一部機能が利用できなくなっています。

そのため、この機能はご利用いただけません。
詳しくはこちらにお問い合わせください。

ユーザーをフォローすることにより自身の基本情報
お相手に公開されます