• 会員限定
  • 2022/10/21 掲載

茨城最強カフェ「サザコーヒー」の独自戦略、世界のスタバに負けない3つのこだわり

連載:大手企業に勝つ地方企業

記事をお気に入りリストに登録することができます。
人口約15万人の茨城県ひたちなか市──。カフェ業界でひときわ存在感を示す会社の本店がある。1969年に開業した「サザコーヒー」だ。国内で最も店舗数が多い「スターバックス コーヒー」(1727店=2022年6月現在)や、2位の「ドトールコーヒーショップ」(1067店、同年8月現在)に比べると、サザの店舗数はわずか15店。実にスタバの1/100の規模だが、それでも茨城県内における集客では随一である。では、なぜ地方の個人系チェーン店が全国的な知名度を持つ大企業と伍しているのか。鈴木 太郎社長に話を聞いた。

聞き手・執筆:経済ジャーナリスト・経営コンサルタント 高井 尚之、写真:吉成 大輔

聞き手・執筆:経済ジャーナリスト・経営コンサルタント 高井 尚之、写真:吉成 大輔

経済ジャーナリスト・経営コンサルタント 高井 尚之
学生時代から在京スポーツ紙に連載を始める。卒業後、日本実業出版社の編集者、花王情報作成部・企画ライターを経て2004年から現職。「現象の裏にある本質を描く」をモットーに、「企業経営」「ビジネス現場とヒト」をテーマにした企画・執筆・講演多数。近著に『20年続く人気カフェづくりの本』(プレジデント社)などがある。

photo
サザコーヒー 代表取締役社長 鈴木 太郎 氏
東京農業大学卒業後、サザコーヒー入社。2020年に同社代表取締役社長に就任。2020年より筑波大学大学院農産食品加工研究室に在籍

創業50年、香りにこだわり「コーヒーの価値」を訴求

「この夏、コーヒー生産地を訪れました。コロナ前は年間150~180日も海外に滞在していたのですが、3年ぶりの渡航です。コロンビアの自社農園や現地の様子を視察し、エチオピアのコーヒーオークションでは、今年いちばんおいしいコーヒー豆を落札できました」

 インタビュー取材で訪れた筆者に対して、鈴木太郎社長はこう切り出して胸を張る。機動力を生かし、経営者が率先して生産地に直接買い付けを行うのが同社の特徴だ。

 太郎氏は1990年代後半、父の鈴木誉志男会長が購入した南米コロンビアの「サザコーヒー農園」に派遣され、試行錯誤の末、現地の運営を軌道に乗せた。2005年には東京に進出。JR品川駅内に店を出し来店客を大きく増やす。JR大宮駅(埼玉県)構内にも出店した。

 今年3月24日には、東京・JR新橋駅構内の「エキュートエディション新橋」に新店をオープンさせてメディア取材が殺到するなど、近年の同社躍進の立役者でもある。

photo
茨城を軸に着々とファンを増やし続けている同社。どのような戦略とこだわりがあるのか

 だが、社長就任は2020年6月19日。コロナ初年で世の中がピリピリしており、外食への逆風が吹き荒れる中だった。自問自答の末、就任にあたり「コーヒーを通し、高い価値を提供する」を掲げる。その思いを発展させたのが、次の3点だ。

  1. (1)「しあわせは香りから」
  2. (2)「しあわせの共有」
  3. (3)「コーヒーの香りに永遠の命を吹き込む」

 具体的な活動で説明してもらった。

「『しあわせは香りから』は、たとえば焙煎(ばいせん)や加工に工夫して、コーヒー本来が持つ香りをお客さんに届けるものです。『うまい×うまい=とてもうまい』になると思っています」

世界最高級豆「ゲイシャ」を買い続け、ワンコインで提供

 (2)の「しあわせの共有」には、さまざまな意味を込めた。

 「パナマゲイシャ」(中米パナマ産のゲイシャ品種)という最も評価が高いコーヒー豆がある。その価値を広めるのがスペイン語も堪能で、一般社団法人・日本スペシャルティコーヒー協会(SCAJ)理事兼コーヒーブリュワーズ(競技会担当)委員長も務める太郎氏だ。

「パナマゲイシャは2004年に初めて発見された、コーヒー豆の歴史の中ではとても新しい品種です。名前の由来は、原木が栽培されていたエチオピアのゲイシャ村から来ています。

 ぼくは2005年に初めてこの豆に出合い、恋に落ちました。発見したエスメラルダ農園の経営者一家と親交を持ち、2009年からはコーヒーオークションで落札し続けています」

 2021年9月に行われたパナマ産ゲイシャのオークションで、同氏は100ポンド(約46キログラム)の豆を約2,833万円(当時のレート換算)という史上最高値で落札した。

画像
世界一のコーヒー「パナマゲイシャ」のほか、グアテマラ、エチオピア、コロンビアなどさまざまな国のコーヒーを提供

 輸送費、検疫費、焙煎(ばいせん)費や利益を勘案すると、コーヒー1杯あたり3万6,000円で出さないと採算が合わない。これほど高額なコーヒー豆を「しあわせの共有」として提供する。

 同年11月12日と13日に各店舗で開催された「第3回パナマゲイシャ まつり」では、焙煎(ばいせん)したばかりの同じ豆を1/4分量のミニカップ(9,000円相当)にし、採算度外視の「500円」で提供。都内の店では行列ができ、テレビの取材も入るほど人気を呼んだ。

【次ページ】サザコーヒーの工場内部を公開、「コーヒー賞味期限を3年」に延ばせた理由

関連タグ

あなたの投稿

関連コンテンツ

PR

処理に失敗しました

トレンドタグ

おすすめユーザー

会員登録で動画、資料に使えるホワイトペーパー、オンラインセミナー年間500本など、会員限定記事が​閲覧できる!​

投稿したコメントを
削除しますか?

あなたの投稿コメント編集

機能制限のお知らせ

現在、コメントの違反報告があったため一部機能が利用できなくなっています。

そのため、この機能はご利用いただけません。
詳しくはこちらにお問い合わせください。

通報

このコメントについて、
問題の詳細をお知らせください。

ビジネス+ITルール違反についてはこちらをご覧ください。

通報

報告が完了しました

コメントを投稿することにより自身の基本情報
本メディアサイトに公開されます

必要な会員情報が不足しています。

必要な会員情報をすべてご登録いただくまでは、以下のサービスがご利用いただけません。

  • 記事閲覧数の制限なし

  • [お気に入り]ボタンでの記事取り置き

  • タグフォロー

  • おすすめコンテンツの表示

詳細情報を入力して
会員限定機能を使いこなしましょう!

詳細はこちら 詳細情報の入力へ進む
報告が完了しました

」さんのブロックを解除しますか?

ブロックを解除するとお互いにフォローすることができるようになります。

ブロック

さんはあなたをフォローしたりあなたのコメントにいいねできなくなります。また、さんからの通知は表示されなくなります。

さんをブロックしますか?

ブロック

ブロックが完了しました

ブロック解除

ブロック解除が完了しました

機能制限のお知らせ

現在、コメントの違反報告があったため一部機能が利用できなくなっています。

そのため、この機能はご利用いただけません。
詳しくはこちらにお問い合わせください。

ユーザーをフォローすることにより自身の基本情報
お相手に公開されます