開閉ボタン
ユーザーメニュー
ユーザーメニューコンテンツ
ログイン

  • 2021/01/15

塩野義製薬、抗インフルエンザウイルス薬XOFLUZAの欧州における承認取得について発表

塩野義製薬

塩野義製薬株式会社(本社:大阪市中央区、代表取締役社長:手代木 功、以下「塩野義製薬」)は、抗インフルエンザウイルス薬 XOFLUZA®(一般名:バロキサビル マルボキシル)について、提携先であるF.Hoffmann-La Roche Ltd.(本社:スイス バーゼル、CEO:Dr.Severin Schwan、以下「Rocheグループ」)が「12歳以上の合併症を伴わないインフルエンザウイルス感染症治療」および「12歳以上のインフルエンザウイルス感染曝露後予防」を適応として、欧州委員会(EC)より承認を取得したことをお知らせいたします。

このたびの欧州での承認は、XOFLUZAの3つの第III相臨床試験(CAPSTONE-1試験、CAPSTONE-2試験、BLOCKSTONE試験)の結果にもとづく、欧州医薬品庁(EMA)の医薬品評価委員会(CHMP)の承認を推奨する肯定的な見解を受けての判断となります。欧州での承認に伴い、XOFLUZAの1回経口投与が新たな選択肢として、欧州の患者さまのインフルエンザウイルス感染症の治療および感染曝露後予防に貢献することが期待されます。

本薬の開発および販売は、Rocheグループとの提携下で進めており、日本と台湾における販売は塩野義製薬が、それ以外の国ではRocheグループが行っており、現在、30ヵ国以上でインフルエンザウイルス感染症の治療薬として承認され、インフルエンザウイルス感染症の治療に貢献しています。

塩野義製薬は、取り組むべきマテリアリティ(重要課題)として「感染症の脅威からの解放」を特定し、治療薬の研究・開発だけにとどまらず、啓発・予防・診断ならびに重症化抑制といった感染症のトータルケアに対する取り組みを進めております。引き続き本薬の有効性、安全性に関するデータの収集と解析に鋭意取り組み、適正使用に向けた情報提供活動に努めてまいります。

プレスリリース ジャンルのトピックス

ビジネス+IT 会員登録で、会員限定コンテンツやメルマガを購読可能、スペシャルセミナーにもご招待!