開閉ボタン
ユーザーメニュー
ユーザーメニューコンテンツ
ログイン

  • 2021/01/15

大飯4号機、運転再開=稼働原発ゼロ解消―関西電力

時事通信社



関西電力は15日夜、定期検査中だった大飯原発4号機(福井県おおい町、出力118万キロワット)の原子炉を起動し、運転を再開した。大飯4号機が昨年11月3日から定期検査に入り、関電では約3年半ぶりに稼働中の原発がゼロになっていた。運転再開により、約2カ月半続いた関電の稼働原発ゼロの状態は解消された。

大飯4号機は原子炉を起動した後、16日朝には核分裂反応が連続する「臨界」に達し、17日に発電と送電が始まる見込み。本格運転への移行は2月中旬を予定する。

【時事通信社】

最新ニュース ジャンルのトピックス

PR

ビジネス+IT 会員登録で、会員限定コンテンツやメルマガを購読可能、スペシャルセミナーにもご招待!