開閉ボタン
ユーザーメニュー
ユーザーメニューコンテンツ
ログイン

  • 2021/04/08

アドバンテスト、群馬工場の電力を再エネ由来100%に切り替え

アドバンテスト

 株式会社アドバンテスト(本社:東京都千代田区社長:吉田芳明)は、2021年4月より、主力工場である群馬工場(群馬県邑楽町)で使用する電力を全て、再生可能エネルギー由来の電力に切り替えます。

 この再生可能エネルギーは、群馬県が保有する水力発電所を電源とする、CO2フリーかつ地産地消の電力です。電気料金の環境付加価値分(上乗せ分)は、群馬県による未来創生に関わる取り組みに活用されます。群馬工場での切り替え電力量は年間約1,280万kWhとなり、CO2排出量を年間約5,000t-CO2削減できる見込みです。これは、スギの木約36万本が1年間で吸収するCO2に相当します。(スギの木は年間14kg/本のCO2を吸収:林野庁資料より)

 当社はこれまで、米国、欧州の子会社で再生可能エネルギー100%を達成してきました。今回の電力切り替えにより、グループ全体の再生可能エネルギー導入率は、2019年の28%から、2021年度には44%に向上する見込みです。

 「脱炭素社会」の実現のため、当社は2030年度までに再生可能エネルギー導入率を60%以上に引き上げることを目指しています。国内事業所では太陽光発電設備導入や再生可能エネルギーの導入拡大を推進するとともに、アジアでは地域ごとに再生可能エネルギーの調達性を考慮しつつ導入を進めます。さらに、サプライチェーンにおいてもCO2削減に向けて協働して取り組む予定です。

■国内の再生可能エネルギー導入状況と計画

・2020年4月~:群馬工場、群馬R&Dセンタ(群馬県明和町)、埼玉R&Dセンタ(埼玉県加須市)、の3事業所で再生可能エネルギーを30%導入開始

・2021年4月~:群馬工場で再生可能エネルギーを100%導入し、RE100を達成

・2021年度以降:群馬R&Dセンタに太陽光発電システムを設置予定

■海外の再生可能エネルギー導入状況と計画

・2012年~:米国子会社でグリーン電力証書の購入を開始し、RE100を達成

・2019年~:欧州子会社でグリーン電力証書の購入を開始し、RE100を達成

・2021年度計画:アジア子会社でグリーン電力証書の購入を開始予定

*: RE100(Renewable Energy 100%)

 自社の事業活動で使用する電力の100%を再生可能エネルギー由来の電力にする取り組み

◆アドバンテストについて

 アドバンテストは、計測技術をコアテクノロジーとするテスト・ソリューションカンパニーです。1954年の創業以来、エレクトロニクスの発展とともに成長し、人びとの暮らしの「安心・安全・心地よい」をサポートしてきました。主力製品となる半導体試験装置は世界最大手であり、当社の海外売上高比率は9割を超えています。アドバンテストは、「先端技術を先端で支える」という企業理念のもと、進展著しいデジタル社会のインフラストラクチャーである半導体の品質や信頼性の向上を通じて、社会の持続可能な発展に寄与しています。詳しくは当社ウェブサイト( https://www.advantest.com/ )をご参照ください。

※本ニュースリリースに掲載されている情報は、発表日現在の情報であり、時間の経過またはさまざまな事象により予告無く変更される可能性がありますので、あらかじめご了承ください。

プレスリリース ジャンルのトピックス

ビジネス+IT 会員登録で、会員限定コンテンツやメルマガを購読可能、スペシャルセミナーにもご招待!