開閉ボタン
ユーザーメニュー
ユーザーメニューコンテンツ
ログイン

  • 2021/07/21

ボルボ、中国事業を完全所有へ

ロイター

[ストックホルム 21日 ロイター] - スウェーデンのボルボ・カー・グループは21日、親会社の浙江吉利控股集団から中国の合弁会社の株式を買い取ることで合意したと発表した。金銭的な条件は明らかにされていない。

発表によると、ボルボは今回の取引により、成都と大慶の生産工場、中国の販売会社、上海の研究開発施設を完全に所有するという。

ボルボ・カーズのサムエルソン最高経営責任者(CEO)は「非中国の主要な自動車メーカーとして初めて中国事業を完全に掌握することになる」と語った。

浙江吉利控股集団は今年、新規株式公開(IPO)を含め、ボルボの選択肢を検討していると表明しており、ボルボがIPOに踏み切った場合、今回の取引で同社の魅力が増す可能性がある。

浙江吉利控股集団のダニエル・ドンホイ・リー最高経営責任者(CEO)は「今回の2件の取引により、ボルボ・カーズと浙江吉利控股集団の内部の保有構造が明確になる」との声明を発表。IPOの可能性については言及しなかった。

中国では、海外自動車メーカーに対して合弁事業を通じた自動車生産を義務付けている規制が2022年に撤廃されるため、アナリストは他の海外メーカーも、中国で同様の動きに出ると予想している。

ボルボによると、株式取得は2段階で行う。まず、中国での自動車生産における合弁規制が撤廃される2022年に開始し、23年に完了する見通し。実施には規制当局の認可が必要。

最新ニュース ジャンルのトピックス

ビジネス+IT 会員登録で、会員限定コンテンツやメルマガを購読可能、スペシャルセミナーにもご招待!