開閉ボタン
ユーザーメニュー
ユーザーメニューコンテンツ
ログイン

  • 2022/05/19

TIS・三菱UFJ銀行・凸版印刷など、DX支援に関する業務提携契約を締結

TIS、三菱UFJ銀行、凸版印刷など

 TISインテックグループのTIS株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:岡本 安史)と株式会社アグレックス(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:畝森 達朗)は、株式会社三菱UFJ銀行(取締役頭取執行役員:半沢 淳一、以下 三菱UFJ銀行)、凸版印刷株式会社(代表取締役社長:麿 秀晴)、トッパン・フォームズ株式会社(代表取締役社長:添田 秀樹)との5社間で、今般、三菱UFJ銀行の法人のお客さまの経営課題を解決するための、DX支援に関する業務提携契約(以下 本契約)を締結いたしました。

 ニューノーマル(新常態)の時代を迎える中、企業は気候変動や資源不足、人口構造の変化、テクノロジーの進歩など、様々な変化に直面しています。新型コロナウイルスの感染拡大を経て、非接触や在宅勤務などが受容され、急速にデジタル化が進展する社会において、多くの企業においてもデジタル化が進み、その流れは今後も続くことが想定されます。こうした環境を踏まえ、企業の変革スピードは加速しており、特に中堅・中小企業が抱える、ペーパーレス対応や労働力不足、電子帳簿保存法対応、リモートワーク導入などの経営課題に対し、DXが一つの解決策となることが期待されています。

 本契約に基づき、DXの専門知見を有する各社の人材とともに新たな協働チームを編成することで、三菱UFJ銀行の100万社を超える中堅・中小企業のお客さまを対象に、潜在的なDXに関するニーズ・経営課題を可視化し、業種・企業グループの垣根を超えた最適なソリューションを提供いたします。

 具体的には、DXに関して悩みを抱えるお客さまに寄り添いながら、本契約を締結した各社および株式会社三菱UFJフィナンシャル・グループが提供する、業務プロセスの変革、BPOの構築・運用、システム開発をはじめとする専門商品・サービスの中から最適なソリューションを見いだし、DXの戦略策定から商品・サービスの導入までを一気通貫で支援いたします。

 5社は、今後もお客さまの企業競争力を向上させるとともに、DXに関連する社会課題解決を促進することで、企業の新たな付加価値の創出・共創をサポートし、日本経済の成長・発展に寄与してまいります。

プレスリリース ジャンルのトピックス

PR

ビジネス+IT 会員登録で、会員限定コンテンツやメルマガを購読可能、スペシャルセミナーにもご招待!