• 会員限定
  • 2023/02/07 掲載

アマゾン、大減速で“守りの経営”に戦略転換? それでも「死んでない」と言えるワケ

連載:米国の動向から読み解くビジネス羅針盤

  • icon-mail
  • icon-print
  • icon-hatena
  • icon-line
  • icon-close-snsbtns
記事をお気に入りリストに登録することができます。
アマゾンが2月2日に第1四半期の営業利益がほぼゼロになる可能性を示し、大きな話題を呼んでいる。業績の減速など厳しい状況が続く中、同社は攻めから守りの経営にシフトしている。もはやディスラプター(破壊者)であることにこだわらず、これまでのような新事業へのチャレンジ精神がある企業文化は見られない。むしろ、安定した収益の見込める既存分野での「メンテナンス」経営を行う傾向が顕著になっている。では具体的にどのような方針転換を図っているのか。アマゾンの今後の展開に迫る。

執筆:在米ジャーナリスト 岩田 太郎

執筆:在米ジャーナリスト 岩田 太郎

米NBCニュースの東京総局、読売新聞の英字新聞部、日経国際ニュースセンターなどで金融・経済報道の基礎を学ぶ。現在、米国の経済を広く深く分析した記事を『週刊エコノミスト』などの紙媒体に発表する一方、『Japan In-Depth』や『ZUU Online』など多チャンネルで配信されるウェブメディアにも寄稿する。海外大物の長時間インタビューも手掛けており、金融・マクロ経済・エネルギー・企業分析などの記事執筆と翻訳が得意分野。国際政治をはじめ、子育て・教育・司法・犯罪など社会の分析も幅広く提供する。「時代の流れを一歩先取りする分析」を心掛ける。

photo
アマゾンはどのような方針転換を図っているのか
(写真:アフロ)

純利益が98%減…プライム会員も初めて減少

 アマゾンは2022年第4四半期の決算で、売上高が5,139億ドル(約66兆円)に到達し、過去最高を記録したものの、純利益は前年同期比で98%も減少。営業利益率も新型コロナ流行前の6%前後に対し、2.4%にまで下落した。

 クラウドサービス(AWS)の主要顧客による支出見直しの影響が大きく、EC事業もインフレなどによる消費者の支出抑制が利益を押し下げたようだ。特にコロナ後の消費がモノからコトへ移ったこと、エネルギー関連支出がインフレで急増したこと、そして消費者のプライム離れが起きていることは大きい。

 こうした厳しい状況は、米国におけるプライム会員の数にも表れている。2022年、10年前の推計(米調査企業Consumer Intelligence Research Partners調べ)開始以来、初めての縮小を記録したのだ。

画像
プライム会員数は2013年の1700万人から、2021年に1億7000万人へと10倍に成長。しかしここでピークを迎える。2022年は何人となったのか
(出典:米ビジネスインサイダーより編集部作成)

 米国における2022年のプライム会員数は、2021年から200万人減の1億6800万人。これは、会費を年間119ドルから139ドルへ値上げしたことが影響している可能性がある。さらに同時期に物価が高騰し、一部消費者のサブスク離れが顕著になったと見られる。

 これに対し、コメントを求められたアマゾンは「全世界のプライム会員総数は2億人を突破し、増え続けている」とするが、最も戦略的な拠点の米国において会員が減少していることは否定していない。

 さらに、同社EC売上のうちプライム会員による割合は2018年と2019年に推定60%、2021年に66%を占めていたが、2022年には73%へと急増している。これは、同社が新規の非プライム顧客を引き寄せる力が大きく落ちていることを示唆している。

2万人弱の大量解雇、求人票も1/100に

 一方、支出を抑えるために従業員数を減らしている。2022年6月のキャリアサイトにソフトウェア開発だけでも3万件以上の求人票が掲示されていたが、2023年1月にはその数が300件未満に激減

 加えて、同年11月に1万人規模の一時解雇を発表し、2023年1月にはその数が全社員の5%である1万8000人にまで膨れ上がった。米ニュースサイトVoxは、「これは成熟した企業の回避できない斜陽」と論評した。しかしアンディ・ジャシーCEOの目下の急務は、一刻も早くアマゾンの収益性を回復することだ。雇い過ぎた人員のリストラは必須であると見られている。

 またあらゆる新たな収益源の確立に挑戦してきた同社だが、これらの事業展開のペースも落ちてきているようだ。次のリストラはこれらの事業が対象になる可能性もありそうだ。

【次ページ】次のリストラは? 相次ぐ事業の撤退・縮小で考える

関連タグ

あなたの投稿

関連コンテンツ

    PR

    PR

    PR

処理に失敗しました

人気のタグ

投稿したコメントを
削除しますか?

あなたの投稿コメント編集

機能制限のお知らせ

現在、コメントの違反報告があったため一部機能が利用できなくなっています。

そのため、この機能はご利用いただけません。
詳しくはこちらにお問い合わせください。

通報

このコメントについて、
問題の詳細をお知らせください。

ビジネス+ITルール違反についてはこちらをご覧ください。

通報

報告が完了しました

コメントを投稿することにより自身の基本情報
本メディアサイトに公開されます

必要な会員情報が不足しています。

必要な会員情報をすべてご登録いただくまでは、以下のサービスがご利用いただけません。

  • 記事閲覧数の制限なし

  • [お気に入り]ボタンでの記事取り置き

  • タグフォロー

  • おすすめコンテンツの表示

詳細情報を入力して
会員限定機能を使いこなしましょう!

詳細はこちら 詳細情報の入力へ進む
報告が完了しました

」さんのブロックを解除しますか?

ブロックを解除するとお互いにフォローすることができるようになります。

ブロック

さんはあなたをフォローしたりあなたのコメントにいいねできなくなります。また、さんからの通知は表示されなくなります。

さんをブロックしますか?

ブロック

ブロックが完了しました

ブロック解除

ブロック解除が完了しました

機能制限のお知らせ

現在、コメントの違反報告があったため一部機能が利用できなくなっています。

そのため、この機能はご利用いただけません。
詳しくはこちらにお問い合わせください。

ユーザーをフォローすることにより自身の基本情報
お相手に公開されます