• 会員限定
  • 2023/09/05 掲載

【独占】マッキンゼーに聞く日本企業の“データ敗戦”、「PoCのお蔵入り」が続く理由

記事をお気に入りリストに登録することができます。
テスラやグーグルが「データ活用」で圧倒的に先行しているのは誰もが認めるところだろう。しかし、日本企業のDXも加速している。したがって、データ活用という点で目覚ましい成果を挙げる日本企業が登場してもよさそうだが、現状はどうなっているのだろうか。多くの企業のデータ活用を支援してきたマッキンゼーのパートナーであり、AIセンター・オブ・エクセレンス、「QuantumBlack」の日本のリーダー工藤 卓哉 氏に、日本企業の現状をどう見ているのかを聞いた。

執筆:井上健語 聞き手・構成:ビジネス+IT編集部 山田竜司

執筆:井上健語 聞き手・構成:ビジネス+IT編集部 山田竜司

photo
マッキンゼー・デジタル パートナー 工藤 卓哉 氏

日本企業におけるデータ活用の現状と課題

 今や世界中の企業がデータ活用に注力していますが、その成果を得られている企業はわずかであり、テスラやグーグルのように圧倒的に先行している企業とそれ以外の企業に二極化しているお話をしました。

 日本企業に焦点を当てても、ほとんどの日本企業がデジタルトランスフォーメーション(DX)を推進し、データ活用にも積極的に取り組んでいるようにみえます。

 実際、事業部別の取り組みは進んでいると思います。たとえば自動車会社であれば、歩留まりの改善やリコール予知、製造機械の予防保全など部分的な取り組みはできていますが、社長と全社員が同じデータを見て取り組めているかというと、そうはなっていません。その意味では、データドリブン経営までにはいたっていないと思います。
画像
データドリブンの経営組織では、CEOやビジネスリーダーの意思決定はすべてデータに基づく
(出典:マッキンゼー)

 また、多くの日本企業がデータ活用の概念実証(PoC)に取り組むものの、ビジネスの変革や新規ビジネスの創出には結びつけられていないのも事実です。

 その背景には前述したようにデータ分析に取り組む前の財務やオペレーションへの影響を見る「インパクト設計」が欠けていることがあると感じています。

画像
データドリブン経営におけるマッキンゼーの工夫と基本設計思想
(出典:マッキンゼー)
【次ページ】データ活用の「インパクト設計」とは?、データ敗戦が続く理由も解説

関連タグ

あなたの投稿

関連コンテンツ

    PR

    PR

    PR

処理に失敗しました

人気のタグ

投稿したコメントを
削除しますか?

あなたの投稿コメント編集

機能制限のお知らせ

現在、コメントの違反報告があったため一部機能が利用できなくなっています。

そのため、この機能はご利用いただけません。
詳しくはこちらにお問い合わせください。

通報

このコメントについて、
問題の詳細をお知らせください。

ビジネス+ITルール違反についてはこちらをご覧ください。

通報

報告が完了しました

コメントを投稿することにより自身の基本情報
本メディアサイトに公開されます

必要な会員情報が不足しています。

必要な会員情報をすべてご登録いただくまでは、以下のサービスがご利用いただけません。

  • 記事閲覧数の制限なし

  • [お気に入り]ボタンでの記事取り置き

  • タグフォロー

  • おすすめコンテンツの表示

詳細情報を入力して
会員限定機能を使いこなしましょう!

詳細はこちら 詳細情報の入力へ進む
報告が完了しました

」さんのブロックを解除しますか?

ブロックを解除するとお互いにフォローすることができるようになります。

ブロック

さんはあなたをフォローしたりあなたのコメントにいいねできなくなります。また、さんからの通知は表示されなくなります。

さんをブロックしますか?

ブロック

ブロックが完了しました

ブロック解除

ブロック解除が完了しました

機能制限のお知らせ

現在、コメントの違反報告があったため一部機能が利用できなくなっています。

そのため、この機能はご利用いただけません。
詳しくはこちらにお問い合わせください。

ユーザーをフォローすることにより自身の基本情報
お相手に公開されます