• 会員限定
  • 2023/06/02 掲載

PwC、デロイト、JPモルガンなど、コンサル・法務・財務・税務でも急拡大する生成AI活用

記事をお気に入りリストに登録することができます。
GAFAMなどのテック大手で、ジェネレーティブAI(生成AI)の開発と活用が急ピッチで進んでいる。この流れが波及しているのが、コンサルティングや法務・財務・税務などいわゆるプロフェッショナル企業だ。とある外資コンサルに勤める人に取材したところ「ChatGPTが我々の仕事を奪っている。いずれコンサル不要になるかもしれない」と危機感をあらわにする声もある。PwC、デロイト、JPモルガン・チェースの事例を中心に、プロフェッショナル企業での生成AIに関する取り組み動向を見てみよう。

執筆:細谷 元

執筆:細谷 元

バークリー音大提携校で2年間ジャズ/音楽理論を学ぶ。その後、通訳・翻訳者を経て24歳で大学入学。学部では国際関係、修士では英大学院で経済・政治・哲学を専攻。国内コンサルティング会社、シンガポールの日系通信社を経てLivit参画。興味分野は、メディアテクノロジーの進化と社会変化。2014〜15年頃テックメディアの立ち上げにあたり、ドローンの可能性を模索。ドローンレース・ドバイ世界大会に選手として出場。現在、音楽制作ソフト、3Dソフト、ゲームエンジンを活用した「リアルタイム・プロダクション」の実験的取り組みでVRコンテンツを制作、英語圏の視聴者向けに配信。YouTubeではVR動画単体で再生150万回以上を達成。最近購入したSony a7s3を活用した映像制作も実施中。
http://livit.media/

photo
法務・財務・税務におけるタスク効率化を目指す
(Photo:Chrispictures/Shutterstock.com)

AIソリューション開発に10億ドル投資、PwCの動向

 テック企業以外でも生成AIを活用する取り組みが広がりつつあるが、プロフェッショナル領域では、法務・財務・税務におけるタスク効率化を目指す動きが顕著になっている。

 PwCは3月15日、法律業務に特化したAIを開発するスタートアップHarveyとの提携を発表。これにより、法務専門家による文書レビューなどのタスクを効率化することが可能となる。

 このHarveyは、ChatGPTを開発したOpenAIから資金的援助を受けたスタートアップで、ChatGPTテクノロジーをベースとした法律業務AIプラットフォームを開発しているリーガルテック企業だ。

 PwCは、ビッグ4と呼ばれる会計・コンサルティング企業の1つだが、今回の提携により、ビッグ4の中で唯一、HarveyのAIプラットフォームへの独占的なアクセス権を得たという。

 PwCはHarveyのAIプラットフォームをどのように活用する方針なのか、PwCのグローバル税務・法務サービスAI責任者であるビベク・シャルマ氏がLegal Diveでその詳細を語っている

生成AIの本質的な価値は時間節約にあらず

 シャルマ氏によると、生成AIの活用範囲は、デューデリジェンス、コンプライアンス、契約分析など多岐に渡る領域で、それぞれの領域で発生する文章のレビュー高速化、洞察生成、リスクの洗い出しを担う。

 PwCには4000人以上の法律専門家がおり、プロジェクトごとに発生する大量の法的文書をレビューし、文書に内在するリスクや機会の特定を行っている。生成AIを活用することにより、こうしたタスクを高速化し、付加価値を高めるのが狙いだ。

画像
契約書のレビュータスクを高速化し、付加価値を高める
(Photo/Shutterstock.com)

 シャルマ氏は、生成AIの本質的な価値は時間節約ではなく、既存の体制では難しい洞察や付加価値を生み出せることにあり、この点に注目する組織が生成AIから最も大きな恩恵を受けるだろうと指摘している。

 PwCでは現在、世界中の法務ビジネスソリューション担当者が顧客向けのユースケースをテストしており、今後これらのソリューションを企業の法務部門や法律事務所などに提供する計画という。またPwCは、Harveyとの提携により、独自のAIモデルを開発・訓練し、社内外の各用途向けにカスタマイズできる体制を整える計画だ。

 シャルマ氏は、AI活用領域として現在特に注目する分野として、規制コンプライアンスとESGを挙げている。

 各企業が事業を推進する上で、サプライチェーンがESGに準拠しているかどうかは非常に重要な問題で、経営者の懸念事項にもなっている。生成AIを活用することで、数千に及ぶサプライヤーとの契約をレビューし、各文書に環境問題や奴隷問題に関して適切な条項が盛り込まれているかを迅速に確認することが可能になるという。

 PwCは、AIが生成するすべての出力について、同社の専門家による監督とレビューを実施するとしている。

 このほか、PwCは4月末に生成AIサービスの開発に10億ドルを投じる計画を発表するなど、ビッグ4の中で特に積極的な姿勢を見せている。この投資計画では、OpenAIのGPT4、ChatGPT、マイクロソフトのAzure OpenAI Servicesを活用し、顧客向けAIサービスを拡充する方針だ。 【次ページ】大手法律事務所が生成AIを活用する理由

関連タグ

あなたの投稿

関連コンテンツ

    PR

    PR

    PR

処理に失敗しました

人気のタグ

投稿したコメントを
削除しますか?

あなたの投稿コメント編集

機能制限のお知らせ

現在、コメントの違反報告があったため一部機能が利用できなくなっています。

そのため、この機能はご利用いただけません。
詳しくはこちらにお問い合わせください。

通報

このコメントについて、
問題の詳細をお知らせください。

ビジネス+ITルール違反についてはこちらをご覧ください。

通報

報告が完了しました

コメントを投稿することにより自身の基本情報
本メディアサイトに公開されます

必要な会員情報が不足しています。

必要な会員情報をすべてご登録いただくまでは、以下のサービスがご利用いただけません。

  • 記事閲覧数の制限なし

  • [お気に入り]ボタンでの記事取り置き

  • タグフォロー

  • おすすめコンテンツの表示

詳細情報を入力して
会員限定機能を使いこなしましょう!

詳細はこちら 詳細情報の入力へ進む
報告が完了しました

」さんのブロックを解除しますか?

ブロックを解除するとお互いにフォローすることができるようになります。

ブロック

さんはあなたをフォローしたりあなたのコメントにいいねできなくなります。また、さんからの通知は表示されなくなります。

さんをブロックしますか?

ブロック

ブロックが完了しました

ブロック解除

ブロック解除が完了しました

機能制限のお知らせ

現在、コメントの違反報告があったため一部機能が利用できなくなっています。

そのため、この機能はご利用いただけません。
詳しくはこちらにお問い合わせください。

ユーザーをフォローすることにより自身の基本情報
お相手に公開されます